Secure Sockets Layer(SSL)秘密鍵証明書を作成し、アプリケーションサーバーで SSL を設定して、アプリケーションサーバーとの通信のセキュリティを強化できます。

Rights Management はセキュリティ製品なので、SSL の設定が必要です。SSL 証明書を設定する場合は、RSA キーのみを使用していることを確認してください。DSA キーによる SSL 証明書はサポートされていません。

ここでの情報は、自動インストールと手動インストールの両方に適用されます。SSL の設定方法の例を紹介します。ネットワークまたは組織により適した他の方法を使用することもできます。

注意:

アプリケーションサーバーで SSL を設定する前に、AEM Forms モジュールのインストール、設定およびデプロイを完了し、製品が正常に動作することを確認しておくことをお勧めします。

注意:

SSL セキュリティ証明書および秘密鍵証明書を作成するときは、アプリケーションサーバーを実行するのに使用したユーザーアカウント権限と同じユーザーアカウント権限を使用します。他のユーザー権限を使用してアプリケーションサーバーを実行している場合は、ContentRootURI が https を指すときに、そのフォームで PDFForm のレンダリングが正しく行われないことがあります。

SSL 対応 LDAP サーバーがある場合、それと連携するように UserManagement を設定します(SSL 対応の LDAP サーバーを対象とした User Management の設定を参照)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー