Output では、XML フォームデータを、Designer で作成されたフォームデザインにマージして、様々な形式でドキュメント出力ストリームを作成できます。出力ストリームは、ネットワークプリンター、ローカルプリンターまたはディスクファイルに送信できます。

管理コンソールの Output ページを使用して、Output サービスを管理できます。ここで設定した値は、対応する値が AEM Forms API から設定されていない場合にのみ、実行時に使用されます。AEM Forms SDK による設定は、管理コンソールでの設定よりも優先されます。

Output サービスについて詳しくは、「サービスリファレンス」を参照してください。

管理コンソールの Output ページでは、以下の複数のタスクを実行できます。

設定を変更した後、「保存」をクリックして Output に変更を適用します。変更内容はサーバーを再起動しなくても有効になります。ただし、キャッシュ設定を指定した場合は、Output サービスの再起動が必要になる場合があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー