Output で必要な、特定の種類のファイルを検索する場所を指定できます。

  1. 管理コンソールで、サービス/Output をクリックします。

  2. 「場所」で、適切なオプションを指定します。

  3. 「保存」をクリックします。

場所の設定

コンテンツルート URI:

フォームの取得元であるリポジトリの URI または絶対位置です。この値と、API 経由で指定された sForm パラメーターを連結して、フォームの取得元である絶対パスが作られます。この値で参照できるのは、特定のディレクトリか、HTTP でアクセス可能な Web 上の場所です。

デフォルト値は空の文字列です。

XCI 設定ファイル:

Output サービスがレンダリングで使用する XCI 設定ファイルの相対パスまたは絶対パスです。相対パスの場合は、AEM Forms のデプロイ可能な EAR ファイル内に XCI ファイルが保存されていることが前提となります。

デフォルト値は com/adobe/formServer/PA/pa_output.xci です。

キャッシュの場所:

Output ディスクキャッシュの場所を指定します。この設定を変更すると、現在の場所の既存のキャッシュ情報すべてがリセットされ、新しいキャッシュが新しい場所に作成されます。次のいずれかのオプションを選択します。

デフォルトの場所:

これはデフォルトの選択です。このオプションを選択すると、次のように使用しているアプリケーションサーバーによって決まる場所にキャッシュが作成されます。

  • JBoss:[JBoss Home]\server\[install type]\svcdata\Output\Cache

  • WebLogic: [WebLogic Home]\user_projects\domains\[aem-forms domain Name]\adobe\[forms server name]\Output\Cache

  • WebSphere: [IBM Home]\WebSphere\AppServer\installedApps\adobe\server1\Output\Cache

LC の一時ディレクトリ:

キャッシュは、AEM Forms の一時ディレクトリのサブディレクトリ(管理コンソールの、設定/コアシステム設定/設定/一時ディレクトリの場所で指定)に作成されます。サブディレクトリの名前は、adobeoutput_[servername] です。

注意:

一時クリーニングユーティリティを使用している場合、これらのディレクトリの削除は機能に影響を与えませんが、新しいキャッシュが作成されるまで、短期間パフォーマンスが大きく低下する可能性があります。このような問題を回避するには、AEM Forms 一時ディレクトリの消去中、これらのディレクトリを削除しないでください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー