Output では、レンダリングに使用するカスタム XCI ファイルを指定できます(Output のファイルの場所の指定を参照)。デフォルトでは、Output が、以下をはじめとする XCI ファイルで指定されている一部のオプションより優先されます。

  • config/present/xdp/packets

  • config/present/pdf/creator

  • config/present/pdf/producer

  • config/present/pdf/compression/compressObjectStream

前述のオプションの上書きをキャンセルするオプションを選択できます。この場合、Output では、カスタム XCI ファイルで指定されている値が使用されます。

  1. 管理コンソールで、サービス/Output をクリックします。

  2. 「システムデフォルトの XCI オプションを使用」チェックボックスをオンまたはオフにします。このオプションを選択すると、Output では、パケット、作成者、プロデューサーおよび compressObjectStream の設定にデフォルト値が使用されます。このオプションを選択しない場合、Output では、カスタム XCI ファイルで指定された値が使用されます。

  3. 「保存」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー