Adobe Document Cloud eSign サービスを使用して、スマートフォン、タブレット、および Web ブラウザー上の AEM Forms に電子署名を実装できます。これはドキュメントの履歴を自動的に記録して保存するので、各手順毎に表示し記録できます。詳しくは、eSign サービスを参照してください。

AEM Forms で eSign サービスを使用して電子署名を実装する方法:

  1. eSign サービス開発者アカウントを作成する
  2. eSign サービス API キーを取得する
  3. AEM Forms を eSign サービスアカウントに関連付ける

eSign サービスアカウントを作成し、API キーを取得する

電子署名機能を AEM Forms に実装するには、eSign サービス API キーが必要です。

API キーを取得するには、eSign サービス開発者アカウントを作成します。開発者アカウントを作成したら、API キーを入手します。AEM Forms を eSign サービスサーバーに接続するには API キーが必要です。詳しくは、「eSign サービスドキュメント」を参照してください。

AEM を eSign サービスアカウントに関連付ける

次の手順を実行して、API キーを AEM クラウドサービスに追加し、AEM Forms を eSign サービスサーバーと接続します。

  1. 管理者として AEM インスタンスにログインします。

  2. ツール/操作/クラウド/クラウドサービス/Adobe Document Cloud eSignature services の順に移動します。今すぐ設定」をクリックします。

  3. 設定を作成ダイアログボックスで、「名前 」と「タイトル」を指定します。「作成」をクリックします。

  4. API キーフィールドで、上記で入手した API キーを指定します。「添付ファイルに署名 」チェックボックスを有効にします。「Adobe Document Cloud eSignature service に接続」をクリックしてから、「 OK」をクリックします。

    これで eSign サービスが設定されました。フォームでこのサービスを使用できます。 

    AEM Forms が EchoSign サーバーに接続されたときの eSign サービス設定画面。
    AEM Forms が eSign サービスサーバーに接続されたときの eSign サービス設定画面。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー