ログインユーザーのアバターは、AEM Forms Workspace の右上隅に表示されます。また、組織階層の直接レポートのアバターはマネージャービューに表示されます。AEM Forms Workspace を設定して LDAP サーバーなどのデータベースからユーザー画像を選択できます。

注意:

サポートされているユーザー画像の縦横比は 1:1 です。

  1. 次の手順に記載されている説明を使用して DSC を作成します。詳細については、AEM Forms のプログラミングガイドの「AEM Forms のコンポーネントの開発」トピックを参照してください。

  2. DSC で getCurrentUserImageUrl と getUserImageUrl メソッドを公開する新しい SPI を定義して、AEM Forms ユーザーの画像 URL を取得します。Java™ コードスニペットのサンプルを以下に示します。

    public class DemoUserImageURLProviderService { 
      public String getCurrentUserImageUrl() 
      { 
         // return the URL for profile Image of logged in user 
      } 
      public String getUserImageUrl(String principalOid) 
      { 
          // return the URL for profile Image for user represented by this principal Oid 
       } 
    }
  3. component.xml ファイルを作成します。spec-id が以下に表示されているコードスニペットと同じであることを確認します。

    以下にサンプルのコードスニペットを示します。特定の要件に合うようにカスタマイズします。

    <component xmlns="http://adobe.com/idp/dsc/component/document"> 
        <component-id>com.adobe.sample.DemoUsersComponent</component-id> 
        <version>1.1</version> 
        <supports-export>false</supports-export> 
        <descriptor-class>com.adobe.idp.dsc.component.impl.DefaultPOJODescriptorImpl</descriptor-class> 
        <services> 
            <service name="DemoUserImageURLProviderService" title="Demo User ImageURL provider service" orchestrateable="false"> 
            <auto-deploy service-id="DemoUserImageURLProviderService" category-id="Demo Users Component DSC" major-version="1" minor-version="0" /> 
            <description>Service for resolving user image url.</description> 
             <specifications> 
             <specification spec-id="com.adobe.idp.taskmanager.dsc.enterprise.UserImageUrlProvider"/> 
             </specifications> 
            <specification-version>1.0</specification-version> 
            <implementation-class>com.adobe.sample.demousers.DemoUserImageURLProviderService</implementation-class> 
            <request-processing-strategy>single_instance</request-processing-strategy> 
            <supported-connectors>default</supported-connectors> 
            <operation-config> 
                <operation-name>*</operation-name> 
                <transaction-type>Container</transaction-type> 
                <transaction-propagation>supports</transaction-propagation> 
                <!--transaction-timeout>3000</transaction-timeout--> 
            </operation-config> 
            <operations> 
                <operation anonymous-access="false" name="getCurrentUserImageUrl" method="getCurrentUserImageUrl"> 
                    <output-parameter name="result" type="java.lang.String"/> 
                </operation> 
                <operation anonymous-access="false" name="getUserImageUrl" 
    method="getUserImageUrl"> 
                <input-parameter name="principalOid" type="java.lang.String"/> 
                <output-parameter name="result" type="java.lang.String"/> 
                </operation> 
            </operations> 
            </service> 
        </services>
    </component>
  4. Workbench を介して DSC をデプロイします。ProcessManagementClientSessionService サービスを再開します。

  5. ブラウザを更新するか、またはユーザーとログアウトして再度ログインする必要がある場合があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー