概要

Forms サービスを使用すると、通常は Designer で作成されるフォームを検証、処理、変換および配信する、インタラクティブなデータキャプチャクライアントアプリケーションを作成できます。Forms サービスでは、作成したあらゆるフォームデザインが PDF ドキュメントとしてレンダリングされます。

Forms サービスを使用すると、Adobe PDF 形式で電子フォームをデプロイすることによって、組織はインテリジェントデータキャプチャプロセスを拡張できます。このサービスを使用して既存の PDF フォームにデータを読み込んだり、または既存の PDF フォームからデータを書き出したりすることもできます。

Forms サービスの使用目的:

  • テンプレートおよび XML データに基づいて PDF フォームをレンダリングする。
  • フォームデータの統合を有効にして、PDF フォームへのデータの読み込みおよび PDF フォームからのデータの抽出を行う。
  • フラグメントに基づいてフォームをレンダリングする。

PDF フォームの作成

Form サービスを使用してデータキャプチャ用に PDF フォームを作成します。通常は Adobe LiveCycle Designer テンプレートを使用します。Forms サービスの renderPDFForm(Javadoc にリンク)操作を使用して、このテンプレートを PDF フォームに変換します。

renderPDFForm 操作の最初のパラメーターはテンプレートファイルの名前(ExpenseClaim.xdp など)になります。テンプレートファイルはローカルのファイルシステム、CRX リポジトリ、HTTP ロケーション、FTP ロケーションのいずれかに保存できます。renderPDFForm 操作の PDFFormRenderOptions パラメーターのコンテンツルートを設定すると、テンプレートファイルの場所を指定できます。PDFFormRenderOptions パラメーターに対して指定できるその他のオプションの詳細については、Javadoc を参照してください。

renderPDFForm 操作は XML データを受け取ることもできます。PDF フォームを作成する際、PDF フォームに指定したデータが含まれるようにするため、XML データはテンプレートとマージされます。renderPDFForm 操作の 2 番目のパラメーターは、XML データを含むドキュメント(Javadoc)オブジェクトを受け取ることができます。

PDF フォームからのデータ抽出

Forms サービスの exportData(Javadoc)操作を使用して、PDF フォームから XML データを抽出します。この操作はドキュメントを最初のパラメーターとして受け取ります。データは XDP ドキュメントまたは XML ファイルのどちらかとして書き出すことができます。データを XML ファイルとして書き出す場合、書き出されたデータは XDP エンベロープを削除してプレーン XML ファイルを返します。2 番目のパラメーターを使用してこの設定を指定できます。

PDF フォームへのデータの読み込み

Forms サービスを使用すると、LiveCycle Designer または renderPDFForm 操作を使用して作成された PDF フォームを XML データとマージすることもできます。Forms サービスの importData(Javadoc)操作は PDF フォームと XML データを受け取り、XML データを含んだ PDF フォームを返します。

フラグメントに基づいたフォームのレンダリング

Forms サービスでは、Adobe Livecycle Designer ES4 を使用して作成したフラグメントに基づいてフォームをレンダリングできます。フラグメントは、フォームの再使用可能な部分です。フラグメントは、複数のフォームデザインに挿入できる独立した XDP ファイルとして保存されます。例えば、フラグメントには住所ブロックや法律文を含めることができます。

フラグメントを使用すると、大量のフォームを簡単かつ高速に作成し、管理できます。フォームを作成するときに必要なフラグメントへの参照を挿入すると、そのフラグメントがフォームに表示されます。フラグメント参照には、物理 XDP ファイルを指すサブフォームが含まれます。

フラグメントの使用の利点は以下のとおりです。

  • コンテンツの再利用:複数のフォームデザインでコンテンツを再利用できます。同じコンテンツの一部を複数のフォームで再利用するには、フラグメントを作成します。コンテンツをコピーまたは再作成するのは時間がかかります。フラグメントを使用し、それをフォームで参照することで、フォームデザインの中で頻繁に使用する部分を一貫性のあるコンテンツと外観ですべてのフォームに表示できます。

  • グローバルな更新:1 つのファイルを 1 回変更するだけで、複数のフォームをグローバルに変更できます。フラグメントでコンテンツ、スクリプトオブジェクト、データ連結、レイアウトまたはスタイルを変更できます。変更すると、そのフラグメントを参照しているすべての XDP フォームに変更が反映されます。

  • 共有フォームの作成:複数のリソースでフォームの作成を共有できます。スクリプトまたは Adobe LiveCycle Designer ES4 のその他の高度な機能に精通しているフォーム開発者は、スクリプトまたは動的プロパティを使用するフラグメントを作成、共有することができます。フォーム開発者は、これらのフラグメントを使用してフォームをデザインできます。また、これらのフラグメントを使用することで、複数のフォーム間でフォームのすべての部分が一貫した外観と機能を持つようにすることができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー