カスタマイズを実行するための一般的な手順を以下に示します。

  1. http://[サーバー]:[ポート]/lc/crx/de/index.jsp にアクセスして CRXDE Lite にログインします。

  2. ws at /apps という名前のフォルダーがない場合は、作成します。「すべて保存」をクリックします。

  3. /apps/ws を参照して「アクセス制御」タブに移動します。

  4. アクセス制御リストで、「+」 をクリックして新しいエントリを追加します。もう一度「+」をクリックします。

  5.  PERM_WORKSPACE_USER プリンシパルを検索して選択します。

    HTML Workspace をカスタマイズするための汎用手順の一部として PERM_WORKSPACE_USER プリンシパルを選択します
  6. jcr:read 権限をプリンシパルに付与します。

  7. すべて保存」をクリックします。

  8. GET.jsp および html.jsp ファイルを /libs/ws フォルダーから /apps/ws フォルダーにコピーします。

  9. /libs/ws/locales フォルダーを /apps/ws フォルダーにコピーします。「すべて保存」をクリックします。

  10. 以下に示すように、 GET.jsp ファイルの参照および相対パスを更新し、「Save all」をクリックします。

    <meta http-equiv="refresh" content="0;URL='/lc/apps/ws/index.html'" />
  11. CSS のカスタマイズは以下のようにして実行します。

    1. /apps/ws フォルダーに移動して css という名前の新しいフォルダーを作成します。
    2. css フォルダに newStyle.css という名前の新しいファイルを作成します。
    3. /apps/ws/html.jsp を開き、
    <link lang="en" rel="stylesheet" type="text/css" href="css/style.css" />
    <link lang="en" rel="stylesheet" type="text/css" href="css/jquery-ui.css"/>

    これを次のように変更します。

    <link lang="en" rel="stylesheet" type="text/css" href="../../libs/ws/css/style.css" />
    <link lang="en" rel="stylesheet" type="text/css" href="css/newStyle.css" />
    <link lang="en" rel="stylesheet" type="text/css" href="../../libs/ws/css/jquery-ui.css"/>

    注意:

    上記のように、newStyle.css のエントリの後ろにユーザー定義された CSS ファイルのエントリを配置します。

  12. /apps/ws/html.jsp ファイルで、

    <script data-main="js/main" src="js/libs/require/require.js"></script>

    これを次のように変更します。

    <script data-main="js/main" src="../../libs/ws/js/libs/require/require.js"></script>
  13. 次の手順を実行します。

    1. /apps/ws で、js という名前のフォルダーを作成します。「すべて保存」をクリックします。
    2. /apps/ws/js で、libs という名前のフォルダーを作成します。「すべて保存」をクリックします。
    3. /apps/ws/js/libs で、jqueryui という名前のフォルダーを作成します。「すべて保存」をクリックします。
    4. /libs/ws/js/libs/jqueryui/jquery.ui.datepicker-ja.js/apps/ws/js/libs/jqueryui にコピーします。「すべて保存」をクリックします。
  14. HTML のカスタマイズは以下のようにして実行します。

    1. /apps/ws/js の下で、runtime という名前のフォルダーを作成します。「すべて保存」をクリックします。
    2. /apps/ws/js/runtime の下で、templates という名前のフォルダーを作成します。「すべて保存」をクリックします。
    3.  /libs/ws/js/main.js を /apps/ws/js/main.js にコピーします。
    4.  /libs/ws/js/registry.js を /apps/ws/js/registry.js にコピーします。
  15. Save All」をクリックし、キャッシュをクリアして AEM Forms Workspace を更新します。

    URL http://[サーバー]:[ポート]/lc/ws にアクセスして管理者/パスワードの秘密鍵証明書でログインします。ブラウザは http://[server]:[port]/lc/apps/ws/index.html にリダイレクトします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー