HTML5 フォームは、HTML5 形式で XFA フォームテンプレートをレンダリングする Adobe Experience Manager 6.0(AEM 6.0)ソフトウェアの新しい機能です。この機能により、XFA ベースの PDF がサポートされていないモバイルデバイスおよびデスクトップブラウザー上のフォームのレンダリングが可能です。 HTML5 フォームは XFA フォームテンプレートの既存の機能をサポートしているだけでなく、モバイルデバイスのための新しい機能(例えば手書き署名)も追加します。 

HTML5 フォームは標準の HTML5 構造に基づいてドキュメントを生成します。HTML5 フォームは、HTML5 をサポートしている現時点のすべてのブラウザーで見ることができます。ブラウザーのための追加のブラウザープラグインをインストールする必要がありません。 サポートされるブラウザーについて詳しくは、「サポートされるクライアントプラットフォーム」を参照してください。

iPad などのモバイルデバイスでの Mobile Forms

HTML5 フォームの主な機能

  • 既存の XFA フォームを、互換性のあるすべてのブラウザーでサポートされている HTML5 でレンダリングします。
  • モバイルデバイス用のフォームをターゲットにした標準の XFA フォームデザイン機能を活用します。
  • 動的 XFA 機能を HTML5 形式で使用します。
  • 非常に正確な SVG テキストレイアウト(SVG 1.1)を使用して、PDF テキストレイアウトと一致させます。
  • JavaScript および FormCalc のサポートを提供します。
  • データ主導のイベントまたはユーザー入力に基づいてフラグメントをインタラクティブなフォームに動的にアセンブリします。
  • 企業の基準に合わせてフォームの外観を設定するカスタム CSS をサポートします。
  • カスタムウィジェットを有効化して、豊富なデータ取得操作を提供します。
  • Web アプリへの統合をサポートします。

マルチチャンネルプランニング

フォーム開発者は XFA テンプレートを使用して PDF および HTML5 形式でフォームのレンダリングが可能です。この機能は、HTML5 フォームのデザイン実行に合わせた変更が最小限だけ必要な XFA フォームの大規模なセットがあるシナリオで有益です。XFA ベースの PDF がまだサポートされていない様々なデバイスを対象として、既存の XFA フォームを HTML5 にレンダリングすることができます。

既存の XFA フォームから Mobile Forms へのレンダリング

HTML5 フォームの管理

また AEM は、AEM Forms UI を使用してすべてのフォームテンプレートをリストにして管理する際に、統一された表示方法を提供します。フォームのアクティベート、アクティベート解除、パブリッシュ、およびプレビューを実行できます。詳しくは、「フォーム管理の概要」を参照してください。

フォームのカスタマイズ

HTML5 フォームは、標準 HTML5 構成を使用してフォームテンプレートをレンダリングします。これにより、Web テクノロジ、主にCSS および JavaScript を使用した、HTML5 形式のフォームの拡張およびカスタマイズが容易になります。 既存のウィジェットの外観を簡単にカスタマイズし、独自のウィジェットを作成するか、フォームのカスタムスタイルを使用できます。 カスタムウィジェットの作成、および既存のウィジェットのカスタマイズについて詳しくは、「HTML5 フォームのプラグインカスタムウィジェット」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー