概要

Correspondence Managementでは、レター内にエージェント署名を描画するために画像を使用することができます。エージェント署名画像を設定すると、レターの作成時に、送信側エージェントの署名としてエージェント署名画像が描画されます。

agentSignatureImage DDE は算出された DDE として、エージェントの署名画像を表します。算出された DDE の式では、Expression Manager 構築ブロックにより公開された新しいカスタム関数を使用します。このカスタム関数は、agentID と agentFolder を入力パラメーターとして取得し、これらのパラメーターに基づき画像コンテンツを取得します。新しい SystemContext システムデータディクショナリにより、Correspondence Management で作成されたレターは、現在のシステムコンテキストの情報にアクセスできるようになります。システムコンテキストには、現在ログイン中のユーザーとアクティブな設定パラメーターに関する情報が含まれます。 

画像は、cmuserroot フォルダの下に追加することができます。「Correspondence Management 設定プロパティ」では、CMユーザルートプロパティを使用することで、エージェント署名画像の参照先からフォルダを変更することができます。

agentFolder DDE の値は、Correspondence Management設定プロパティに向けてCMUserRoot 設定パラメーターから取得されます。デフォルトでは、この設定パラメーターは CRX リポジトリの /content/cmUserRoot を参照します。CMUserRoot 構成は、Configuration Properties から変更できます。
また、デフォルトのカスタム関数を上書きすることで、ユーザー署名画像を取得するための独自のロジックを定義することもできます。

エージェント署名画像を追加する

  1. エージェント署名画像の名前と、AEMのユーザ名が一致することを確認してください。(画像ファイル名には、拡張子は必要ありません。)

  2. CRXで、コンテンツフォルダ内に「cmUserRoot」フォルダを作成します。

    1. http://[server]:[port]/crx/de を開きます。必要に応じて、管理者としてログインします。

    2. content」フォルダーを右クリックし、「作成」/「フォルダの作成」を選択します。

      フォルダーの作成
    3. 「ファイルを作成」ダイアログで、フォルダ名を「cmUserRoot」と入力します。「すべて保存」をクリックします。

      注意:

      デフォルトでは、AEM がエージェント署名画像を参照する際に cmUserRoot を開きます。ただし、「Correspondence Management 設定プロパティ」から CM ユーザルートプロパティを編集することで、参照先を変更することができます。

  3. Content Explorer で cmUserRoot フォルダに移動し、その中にエージェント署名画像を追加します。

    1. http://[server]:[port]/crx/explorer/index.jsp を開きます。必要に応じて、管理者としてログインします。

    2. Content Explorer」をクリックします。Content Explorerが新しいウィンドウで開きます。

    3. Content Explorerでユーザーのルートフォルダに移動し、それを選択します。cmUserRoot フォルダを右クリックし、「新規ノード」を選択します。

      CmUserRoot 内の新しいノード

      新しいノードの行に以下のエントリを作成した後、緑色のチェックマークをクリックします。

      Name(名前):JohnDoe(またはエージェント署名ファイルの名前)

      Type:nt:file

      cmUserRoot フォルダの下に、「JohnDoe」の名前(または前のステップで指定した名前)で新しいフォルダが作成されます。

    4. 新しく作成したフォルダをクリックします(ここでは「JohnDoe」)。Content Explorer では、フォルダの内容が暗く表示されます。

    5. jcr:content 」プロパティをダブルクリックし、タイプを nt:resource に設定します。その後、緑色のチェックマークをクリックしてエントリを保存します。

      プロパティが表示されていない場合は、まず、名前が「jcr:content」のプロパティを作成します。 

      jcr:content property

      jcr:content サブプロパティの中に、暗く表示されている jcr:data を探します。jcr:data をダブルクリックします。プロパティが編集可能になり、「ファイルの選択」ボタンがエントリに表示されます。「ファイルを選択」をクリックし、ロゴとして使用する画像ファイルを選択します。画像ファイルには、拡張子を付ける必要はありません。

      JCR データ

    すべて保存」をクリックします。

  4. レターの中で使用した XDP\layout について、署名画像を描画するための画像フィールドが左下(または、署名を描画する他の適切な場所)に表示されていることを確認してください。 

  5. 通信の作成時は、以下の手順に従って、署名画像を配置するための画像フィールドを「データ」タブから選択します。

    1. 右ペインの「リンケージタイプ」ポップアップメニューから「システム」を選択します。

    2. SystemContext DD 用のデータ要素パネルのリストから、agentSignatureImage DDE を選択します。

    3. レターを保存します。

  6. レターのプレビューを描画すると、レイアウトに応じて配置された画像フィールド内に署名が表示されます。

    レター内のエージェント署名画像

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー