AEM Forms では、AEM Forms アプリケーションの完全なソースコードを用意しています。このソースには、カスタムの AEM Forms アプリケーションを構築するためのすべてのコンポーネントが含まれています。ソースコードアーカイブ adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip は、パッケージ共有の adobe-aemfd-forms-app-src-pkg-<version>.zip パッケージの一部です。

次の画像は、adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip から抽出した内容を示しています。

Zip 形式に圧縮された Android ソースの抽出されたコンテンツ

次の画像は、src フォルダー内の android フォルダーのディレクトリ構造を示しています。

src 内の android&nbsp;フォルダーのディレクトリ構造

標準的な AEM Forms アプリケーションの構築

  1. 次の手順を実行して、プロジェクトを Eclipse に設定し、署名 ID を決定します。

    Eclipse と ADT がインストールされ、設定されているマシンにログインします。

  2. adobe-lc-mobileworkspace-src.zip アーカイブを [AEM_forms_root]/sdk/LC Mobile Workspace から次の場所にコピーします。

    MAC ユーザーの場合[ユーザーホーム]/Projects/

    Windows ユーザーの場合%HOMEPATH%\Projects

  3. アーカイブを次のディレクトリに展開します。

    MAC ユーザーの場合[User_Home]/Projects/[your-project]

    Windows ユーザーの場合%HOMEPATH%\Projects\[your-project]

  4. ADT バンドルに同梱されている Eclipse を起動します。

    デフォルトの場所:

    MAC ユーザーの場合:デフォルトの場所は Applications/ADT/eclipse/Eclipse です。ADT が別の場所にインストールされている場合は、[User_Home]/Projects/[your-project]/src/android フォルダーにある local.properties ファイルを更新し、sdk.dir 変数でデスクトップ上の ADT SDK の場所を示してしてください。

    Windows ユーザーの場合%HOMEPATH%\Projects\[your-project]\src\android フォルダーにある local.properties ファイルを更新し、sdk.dir 変数でデスクトップ上の ADT SDK の場所を示してしてください。

  5. ワークスペースに Google Play Services ライブラリと AEM Forms アプリケーションプロジェクトをインポートしてください。

    Google Play Services ライブラリのインポート

    1. ファイルメニューで、「読み込み」オプションを選択します。

      読み込みダイアログが開きます。

    2. 読み込みダイアログで、Android フォルダーの既存の Android Code をワークスペースへを選択し、「次へ」をクリックします。

    3. プロジェクトの読み込みダイアログで、android/thirdparty/google-play-services_lib をワークスペースに読み込みます。

      「ルートディレクトリ」テキストボックスに、ビルドするプロジェクトのルートディレクトリを入力するか、選択します。

      MAC ユーザーの場合[User_Home]/Projects/[your-project]/src/android/thirdparty/google-play-services_lib

      Windows ユーザーの場合%HOMEPATH%\Projects\[your-project]\src\android\thirdparty\google-play-services_lib

      Google Play Services ライブラリをプロジェクトにインポート
      Google Play Services ライブラリをインポートしています

      Google Play Services ライブラリをサードパーティのフォルダーからインポート
      Android フォルダ構造の下の Google Play Services ライブラリ

    4. プロジェクトをビルドするには、「完了」をクリックします。

      Google Play Services をインポート後、パッケージを Eclipse で検索
      Google Play Services をインポート後、パッケージを Eclipse で検索

    AEM Forms アプリケーションをインポートします。

    1~4の手順を繰り返し、次の手順を実行します。

    1. ファイルメニューで、「読み込み」オプションを選択します。

      読み込みダイアログが開きます。

    2. 読み込みダイアログで、一般フォルダーの既存の Android Code をワークスペースへを選択し、「次へ」をクリックします。

    3. プロジェクトの読み込みダイアログで、android/aemformsapp をワークスペースに読み込みます。

      「ルートディレクトリ」テキストボックスに、ビルドするプロジェクトのルートディレクトリを入力するか、選択します。

      MAC ユーザーの場合[User_Home]/Projects/[your-project]/src/android/aemformsapp

      Windows ユーザーの場合%HOMEPATH%\Projects\[your-project]\src\android\thirdparty\google-play-services_lib

      AEM Forms アプリケーションをインポートします
      AEM Forms アプリケーションをインポートします

      Android フォルダーの下の AEM Forms アプリケーション
      Android フォルダーの下の AEM Forms アプリケーション

  6. 完了」をクリックして、新しい aemformsapp プロジェクトを構築します。

    プロジェクトが ADT Project Explorer で使用できるようになります。

    アプリケーション構築後の eclipse プロジェクト
  7. ADT Project Explorer でプロジェクト(aemformsapp)を選択して、プロジェクトメニューをクリックします。

  8. プロジェクトメニューで、「プロジェクトのビルド」を選択します。

    bin ディレクトリ内に aemformsapp.apk インストーラーファイルが作成されます。

プロジェクトをビルドしたら、次の方法を使用してアプリケーションをインストールできます。

  • Android Debug Bridge を使用
  • Eclipse を使用

Android Debug Bridge を使用

Android Debug Bridge で次のコマンドを使用して、Android デバイスにアプリケーションをインストールできます。

MAC ユーザーの場合adb install [User_Home]/Projects/[your-project]/src/android/bin/aemformsapp.apk

Windows ユーザーの場合: adb install %HOMEPATH%\Projects\[your-project]\src\android\bin\aemformsapp.apk

Eclipse を使用

また、Eclipse を使用して、Android デバイスにアプリケーションをインストールすることもできます。

  1. プロジェクトをビルドしたコンピューターに Android デバイスを接続します。

  2. ADT Project Explorer で、プロジェクト(aemformsapp)を右クリックします。

  3. コンテキストメニューから、「実行Android アプリケーション」を選択します。

    Android Device Chooser ダイアログが表示されます。

  4. Android Device Chooser ダイアログで、アプリケーションをインストールする Android デバイスを選択して、「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー