動作、トリガー、アクションを適用してアセットをアニメーション化するには
ユーザーが画面のオブジェクトを指でタップすると、操作に合わせてオブジェクトが動きます

オブジェクトを選択して動作を追加する

飛行するロケットオブジェクトを選択し、ツールバー動作ツールをタップします。 次に、トリガー/開始/アクション/スピン
をタップします。

アクションをプレビューする

  • スピンアクションをプレビューするには、アクションパネル右上の再生ボタンをタップします。望ましい結果が得られるようにアクションパネルでスピンの設定を調整してから、右下のチェックマークをタップします。
  • 上部の「プレビュー」をタップして、開始トリガーとそれに対応するスピンアクションをプレビューします。
     

さらに別のトリガーとアクションを追加する

  • 画面上部の「編集」タブをタップして、プレビューモードを終了します。飛行するロケットオブジェクトを選択し、ツールバー動作ツールをタップします。次に、トリガー/タップ/アクション/移動をタップします。
  • Yオフセットの値を100にします。チェックマークをタップし、「プレビュー」をタップしてプレビューモードに切り替えます。
  • 飛行するロケットオブジェクトをタップし、ロケットが発射される動きを確認します。

1つのアセットに複数の動作を追加する

手順1と手順2を繰り返し、さらに多くの動きとインタラクティブ機能をAeroのエクスペリエンスに追加します。

シーケンスを削除する

  • トリガーの名前をタップします。
  • シーケンスを削除」ボタンをタップします。
     
11/04/2020

プレゼンター:Don Allen Stevenson III

このページは役に立ちましたか。