コンポジションの複数のレイヤーを簡単に選択し、アニメーション化するためのテクニックとツールについて説明します。

コンポジションの複数のレイヤーの選択とラベル設定

コンポジションの複数のレイヤーで作業します。


学習した内容:コンポジションの複数のレイヤーの選択とラベル設定

  • タイムラインで連続するレイヤーを複数選択するには、一番上のレイヤーを選択して、Shiftキーを押しながら一番下のレイヤーを選択します。これで一番上から一番下までにあるすべてのレイヤーが選択されます。 
  • 連続していない複数のレイヤーを選択するには、タイムラインでレイヤーを1つ選択して、Ctrlキー(Windows)またはCommandキー(macOS)を押しながら、対象のレイヤーをすべてクリックして選択します。この方法を使用すれば、必要なレイヤーのみを選択できます。
  • タイムラインで複数のレイヤーを選択し、そのうちの1つのレイヤーの左にあるカラーボックスをクリックします。これで、選択したすべてのレイヤーのラベルカラーを一括して変更できます。複数のレイヤーのラベルカラーを変更すれば、視覚的にレイヤーをグループ化できます。
  • コンポジションで同じカラーラベルのすべてのレイヤーを選択するには、タイムラインで1つのレイヤーの左にあるカラーボックスをクリックし、「ラベル」メニューを開いて、「ラベルグループを選択」を選択します。

プリコンポーズによるレイヤーグループのアニメーション化

プリコンポーズを使用して、レイヤーグループをアニメーション化します。


学習した内容:プリコンポーズによるレイヤーのグループ化

  1. Shiftキー、Ctrlキー(Windows)やCommandキー(macOS)、または「ラベル」メニューの「ラベルグループを選択」を使用して、タイムラインで複数のレイヤーを選択します。
  2. メインメニューから「レイヤー/プリコンポーズ」を選択します。
  3. タイムラインでプリコンポジションをダブルクリックして、プリコンポジション内のレイヤーを開きます。
  4. メインコンポジションに切り替えるには、タイムラインパネルの一番上にある上部のタブをクリックします。
     

ヌルオブジェクトによるアニメーションの操作

ヌルオブジェクトを使用して、複数のレイヤーのアニメーションを操作します。


学習した内容:複数のレイヤーのアニメーション化

ヌルオブジェクトとは、タイムラインには表示され、コンポジションではレンダリングされないレイヤーのことです。親子関係を使用してヌルオブジェクトをリンクし、リンクしたレイヤーでアニメーションを作成します。

ヌルオブジェクトをリンクして、複数のレイヤーの親としてアニメーションを操作する方法:

  1. レイヤー/新規/ヌルオブジェクト」の順に選択して、コンポジションにヌルオブジェクトを追加します。
  2. タイムラインで「親」列が表示されていない場合は、タイムラインの一番上にあるタブで、コンポジション名右側のタイムラインメニューを開き、「列を表示/親」を選択します。タイムラインメニューの「列を表示」でチェックマークが付いている場合、タイムラインに親が表示されます。
  3. タイムラインで、コントロールするすべてのレイヤーを選択します。そのうちの1つのレイヤーにある「親」列のピックウイップでヌルをポイントし、選択したすべてのレイヤーの親にします。
  4. ヌルオブジェクトをアニメーション化することで、ヌルにリンクしたすべてのレイヤーをアニメーション化します。

親レイヤーにリンクされたレイヤーのことを、その親レイヤーの子と呼びます。
 

09/10/2018


プレゼンター:Ian Robinson

デザイナー:Erica Larson

このページは役に立ちましたか。