親子関係を使用して、複数のレイヤーの動きを連携させます。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:親子関係を使用して複数のレイヤーのアニメーションを制御する方法

親子関係とは?

親子関係とは、ひとつのレイヤーの動きに従って別のレイヤーが動くように設定された、複数のレイヤー間の関係です。

レイヤーのアンカーポイントを設定する

  • 選択したレイヤーが特定の位置を軸として回転するように、アンカーポイントツールを選択し、レイヤーのアンカーポイントの位置を調整します。

ピックウィップを使用して親レイヤーを指定する

  1. 子レイヤーのピックウィップを親となるレイヤーのレイヤー名の上にドラッグしてマウスボタンを放します。
  2. 同じ手順で親レイヤーを指定していき、複数のレイヤー間に親子関係を設定します。

3つ以上のレイヤーに親子関係を設定することによって、ひとつのレイヤーの動きに従って別のレイヤーが動き、そのレイヤーに従ってまた別のレイヤーが動くという、複雑な一連のアニメーションをすばやく作成することができます。

レイヤーの重なり順を整える

  • 親子関係の設定が終わったら、タイムラインでレイヤーを上下に移動してレイヤーの重なり順を変更します。
09/02/2020

Adobe Stock提供元:bigparfvectors.com

デザイナー:Ian Robinson

プレゼンター:Ian Robinson

このページは役に立ちましたか。