Adobe After Effectsの画面上でブラシストロークにペイントを施すことで、Adobe Illustratorのアートワークに動きをつけることができます。
「a」の文字のロゴデザインと、その下に「Alchemy Books」という店名が記された屋外のデジタル看板

必要な情報

使用されている「Alchemy Books」は、実在の組織、製品、サービス、クリエイティブ作品を示すものではありません。

Illustratorで、ロゴデザインの各線がすべて、1つのレイヤーで表示されていることを確認します。レイヤー構造はシンプルな状態から始めるようにしましょう。「初期設定」ワークスペースでレイヤーを選択し、レイヤーパネルのメニューで「複製」を選択して、複製します。元のレイヤーを非表示にし、複製したレイヤーの長さを少し短くします。これをおこなうには、ダイレクト選択ツールを使用すると簡単です。線の先端のアンカーポイントを1つクリックして、青で塗りつぶされた状態にします。他のポイントは中空(白)になります。先端のポイントを削除するか、線を短くします。編集したレイヤーを複製して、元のレイヤーを非表示にし、新しく複製したレイヤーの線の長さを同様に短くします。 

Adobe Illustratorで、それぞれ1レイヤー上にある2つのブラシストロークのデザインを表示して、ダイレクト選択ツールでアンカーポイントをクリックした状態

線を短くするこのプロセスを12回ほど繰り返すと、線が断片的に短くなっていく複数のレイヤーが作成されます。そのレイヤーを合わせて1つのアートワークを作成します。レイヤーの数を増やし、断片的に短くする過程を細かくして、線の動きを細かくするほど、最終的なアニメーションが滑らかになります。デザイン内の元の線すべてについて、線の動きを断片化したレイヤーを作成します。完了したら、先ほど非表示にしたすべてのレイヤーを表示し、それらの名前に連番を付けて、ファイルを保存します。

レイヤーパネルで、もともと2つのレイヤーだったロゴデザインが、線の動きを断片化した21個のレイヤーに分割された様子

After Effectsでファイル/読み込み/ファイルを選択して、Illustratorのファイルをコンポジションとして読み込み、ダイアログボックスの「コンポジションを作成」オプションを選択します。 

Adobe After Effectsで、読み込みダイアログボックスが表示されている様子

レイヤー/新規/平面を選択してコンポジションに平面を追加し、それを下部にドラッグします。最初に読み込んだレイヤーを選択し、最後に読み込んだレイヤーをShiftキーを押しながら選択します(下部の平面は含めません)。再生ヘッドを、2フレームから3フレームほど前方に移動します。Alt(Option)キーを押しながら](角括弧)キーを押して、選択されたレイヤーを同じデュレーションにトリミングします。 

タイムラインパネルで、読み込まれたIllustratorファイルから選択されたレイヤーが、3フレーム分トリミングされた様子

読み込んだすべてのレイヤーが選択されたままの状態で、アニメーション/キーフレーム補助/シーケンスレイヤーを選択します。シーケンスレイヤーダイアログボックスで、デフォルトの設定を受け入れます。タイムラインで、レイヤーの配置がジグザグ状に変更されます。重なり順は、レイヤーを選択した順序によって決まります。アニメーションの流れを逆向きにしたい場合は、配列を適用する前に、レイヤーを逆の順序で選択してください。 

タイムラインパネルで、読み込まれたファイルから選択されたレイヤーが、「シーケンスレイヤー」ダイアログボックスの設定に従って配列された様子

コンポジションで、デザインの各線を表示するレイヤーの位置や長さを自由に調整して、各線のアニメーションの相対的なタイミングを変えることもできます。 

タイムラインパネルで、読み込まれたIllustratorファイルのレイヤーが相互に再配置された様子

断片的な動きを滑らかにするには、関連するレイヤーの各グループをプリコンポーズした後、プリコンポジションにCC Force Motion Blurエフェクトを適用します。デフォルトのモーションブラーサンプル数を2倍にし、シャッター角度を大幅に(500程度に)増やして、動くブラシストロークの先端が残像エフェクトによって滑らかになるまで調整しましょう。 

06/22/2020

Adobe Stock提供元:VTT Studio

このページは役に立ちましたか。