手描きのサインをAdobe Capture CCでキャプチャし、それをAfter Effectsでアニメーション化する方法を説明します。
capture-shapes-motion-graphics_1408x792

Adobe Captureでシェイプをキャプチャする

Adobe Capture CCを開きます。「シェイプ」を選択し、「+」をクリックします。モバイルデバイス搭載のカメラを使用して、手描きサインをキャプチャします。

スライダーで外観を調整し、丸いボタンをクリックして選択を確定します。

step1

Adobe Captureにシェイプを保存する 

選択したサインを使用する場合は、「次へ」をクリックし、プレビュー画面でも「次へ」をクリックします。最後にシェイプに名前を付け、保存先のライブラリを選択して「シェイプを保存」をクリックします。

サインの形を整えるには、Illustratorを開き、CCライブラリからサインを取り込んで編集します。

step2a

Creative Cloudライブラリからサインを読み込む   

After Effectsを開き、新しいコンポジションを作成します。

レイヤー/新規/平面の順に選択して、平面レイヤーを作成します。平面設定ダイアログボックスの「名前」フィールドにレイヤーの名前を入力し、「カラー」で色を指定します。「OK」をクリックします。

ライブラリパネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/ライブラリを選択して開きます。

サインをライブラリパネルからコンポジションパネルにドラッグします。

step3a

After Effectsでマスクを作成する    

After Effectsのツールバーで、ペンツールを選択します。サインのレイヤーを選択して、ズームインします。実際に手描きする書き順で、各文字の中心線をトレースします。

step4

線を描画する    

After Effectsのメニューから、エフェクト/描画/線の順に選択します。

線エフェクトパネルで、「すべてのマスク」と「線(連続)」のチェックマークがどちらもオンになっていることを確認します。

ブラシのサイズを大きくして、サインが線の下に完全に隠れるようにします。

ペイントスタイルのプルダウンメニューから「元の画像を表示」を選択します。

step5

アニメーションの時間を定義する    

線エフェクトパネルで、「開始」が「0.0%」になっていることを確認します。「終了」の横にあるストップウォッチアイコンをクリックして、「0.0%」に設定します。

アニメーションを終了する時点まで再生ヘッドを動かします。

step6a

アニメーションをプレビューする    

線エフェクトパネルに戻り、「終了」を「100.0%」に設定します。

プレビューパネルで最初のフレームボタンをクリックしてから再生ボタンをクリックし、サインのアニメーションをプレビューします。

step7
07/27/2017

コントリビューター:Matty Newton

このページは役に立ちましたか。