描画エフェクトを使用して、アニメーションの背景を作成します。

アニメーション背景の描画

描画エフェクトを使用すれば、グラフィック要素のアニメーションを一から作成し、それを使ってアニメーション背景を作成することができます。


学習した内容:描画エフェクトによるアニメーション背景の作成

描画エフェクトを使用すれば、複雑そうに見えるアニメーション要素を一から作成できます。エフェクトはレイヤーに適用する必要があります。通常、平面または調整レイヤーを使用します。

  • アニメーションストライプの背景を作成する方法:
    1. メインメニューから「レイヤー/新規/平面」を選択します。
    2. 平面設定ダイアログボックスで、「コンポジションサイズ作成」ボタンをクリックします。幅を"20"に変更し、下のカラーボックスから適当な色を選択して、「OK」をクリックします。
    3. タイムラインで平面を選択し、メインメニューで「エフェクト/描画/チェッカーボード」を選択します。
    4. エフェクトコントロールパネルで、アンカーポイントを"-1, 0"(x値をマイナスにするのは、平面の左端の外からスタートさせるため)に設定します。グリッドサイズのドロップダウンメニューは、「幅スライダー」のままにします。幅を"25"に設定します
    5. Sキーを押してスケールパラメーターを表示し、チェーンをクリックして縦横比の固定を解除します。Shiftキーを押しながらXパラメーターを右にスクラブして、左端から右端まで引き伸ばします。
    6. Tキーを押して平面の不透明度設定を開き、値を"21"%に変更します。
    7. 平面レイヤーを、Lionレイヤーの下に移動します。
  • チェッカーボードエフェクトをアニメーション化する方法:
    1. タイムラインで現在の時間インジケーター(CTI)をフレーム0に置きます。エフェクトコントロールパネルで、「アンカーポイント」の左にあるストップウォッチをクリックして、キーフレームを追加します。
    2. 現在の時間インジケーターをタイムラインの最後に移動し、アンカーポイントを"-1, 200"に設定します。
    3. キーボードのUキーを押すと、キーフレームが表示されます。キーボードのJキーとKキーを押して、現在の時間インジケーターを2つのキーフレーム間で前後に移動し、背景が変わらないことを確認します。
    4. タイムラインで最後のキーフレームを1フレーム下げ、キーボードのスペースバーを押して、アニメーションをプレビューします。

シームレスにループする背景の作成
 

展開オプションを使用して、シームレスにループする背景を作成します。

 

学習した内容:自然でシームレスにループする背景の作成

セルパターンエフェクトのサイクルと展開オプションを使用して、流れるようにループする背景を作成します。

  1. Green Backgroundレイヤーを選択し、メインメニューから「レイヤー/新規/平面」を選択します。
  2. 平面設定ダイアログボックスで、「コンポジションサイズ作成」ボタンをクリックします。下のカラーボックスから好みの色を選択して、「OK」をクリックします。
  3. タイムラインで平面を選択し、メインメニューで「エフェクト/描画/セルパターン」を選択します。
  4. 現在の時間インジケーターをコンポジションの先頭に移動します。
  5. セルパターンのエフェクトコントロールで、ドロップダウンメニューを「バブル」に設定し、「反転」を有効にします。
  6. サイズを"250"に変更します。
  7. エフェクトコントロールで、「展開」の横のストップウォッチをクリックして最初のキーフレームを設定します。現在の時間インジケーターをコンポジションの最後に移動して、「展開」を"2"に変更し、最後のキーフレームを設定します。
  8. 展開のオプションを開き、「サイクル展開」を有効にして、アニメーションをシームレスにします。
  9. 「スイッチ/モード」ボタンをクリックして、レイヤーの描画モードを表示します。平面の描画モードを「加算」に変更し、不透明度を"40"%に変更します。
09/10/2018


プレゼンター:Ian Robinson

デザイナー:Erica Larson

このページは役に立ちましたか。