初めてのコンポジションの作成、アニメーションの追加、エフェクトの適用など、Adobe After Effects CCの基本操作を説明します。

初めてのコンポジションの作成

複数のレイヤーを使い、コンポジションを作成します。

 

学習した内容:コンポジションの作成

  • メニューバーで、「コンポジション/新規コンポジション」をクリックして、空のコンポジションを作成します。コンポジション設定ダイアログボックスのプリセットドロップダウンメニューから、プリセットの解像度を選択します。 幅、高さ、フレームレート、デュレーションに独自の値を入力して、プリセットをカスタマイズすることも可能です。
  • プロパティパネルの一番下にある新規コンポジションアイコンに映像素材をドラッグすると、フッテージと一致する設定の新しいコンポジションができ、そこに自動的に配置されます。
  • コンポジションにはAfter Effectsで生成したレイヤーだけでなく、IllustratorやPhotoshopなどの外部ファイルからのレイヤーも配置できます。
  • コンポジションはタイムラインパネルのレイヤースタックで構成されます。
  • レイヤーは上下に移動すると重ね順が変わり、左右に移動すると時間経過によるレイヤーの外観が変わります。 

 

コンポジションへのレイヤーの配置

コンポジションにレイヤーを配置する方法を説明します。

 

学習した内容:コンポジションへのレイヤーの配置

コンポジション内のレイヤー配置を調整するには何通りもの方法があります。

  • レイヤーハンドル(コンポジションパネルでレイヤーを選択):コンポジションパネルでハンドルの内側をクリック&ドラッグし、レイヤーの位置を変更します。ハンドルをクリックして、レイヤーの拡大縮小または変形をおこないます。Shiftキーを押しながらドラッグすれば、縦横比を維持できます。
  • ツール(左上、メニューバーの下):Wキーを押して回転ツールを選択し、コンポジションパネルのレイヤーを回転します。Vキーを押すと、選択ツールを選択できます。
  • レイヤーパラメーター(タイムラインの各レイヤーの左側にある三角形): 三角形をクリックして開き、「トランスフォーム」の三角形をクリックしてプロパティを表示します。
  • パラメーターへのクイックアクセス(キーボードショートカット):Pキーで位置、Rキーで回転、Sキーでスケール、Tキーで不透明度、Aキーでアンカーポイントを表示します。
  • レイヤーの調整(タイムラインでパラメーターを使用):パラメーター値をスクラブしてパラメーターを変更します。Shiftキーを押しながらスクラブすると、10倍速で値が変化します。

初めてのアニメーションの作成

複数のキーフレームを記録して、アニメーションを作成します。

 

学習した内容:アニメーションの作成

  • 現在の時間インジケーター(CTI)はコンポジションパネルで表示中のフレームを示します。キーフレームをパラメーターに追加するときの表示ポイントとしても使用します。
  • ストップウォッチ(パラメーターの左側):ストップウォッチをクリックすると、タイムラインで現在の時間インジケーターがある位置にその値のキーフレームが記録されます。キーフレームが記録されたパラメーターのストップウォッチをクリックすると、そのパラメーターからすべてのキーフレームが削除されます。
  • キーフレーム(通常タイムラインでは菱形で表示)は、タイムラインで特定の時点のパラメーター値を記録するものです。2つ以上の(値の異なる)キーフレームを各パラメーターで記録することで、アニメーションを作成できます。
  • プレビュー(スペースバー):タイムライン上部の緑の進行状況バーは、プレビューの再生中にキャッシュに読み込まれたフレームを示します。再生フレームレートは、画面右上の情報パネルで確認できます。

Adobe IllustratorおよびAdobe Photoshopドキュメントのレイヤーのアニメーション化 

プロジェクトで使用するアセットを読み込みます。

 

学習した内容:レイヤー化されたファイルをコンポジションとして読み込む

  1. プロジェクトパネルをダブルクリックして、ファイルの読み込みダイアログボックスを表示します。そこでファイルの保存先に移動し、読み込むPSDまたはAIファイルを選択します。
  2. ファイルを選択し、「読み込みの種類:」で「コンポジション - レイヤーサイズを維持」を選択します。これで、PhotoshopまたはIllustratorで作成された元のレイヤーで構成される、レイヤー化されたコンポジションが作成されます。
    • レイヤー化したPSDまたはAIファイルから作成したコンポジションのデュレーションは、直前に作成したコンポジションのデュレーションと同じです。 
    • After Effectsでは作成元のPSDまたはAIファイルのレイヤーの透明度と描画モードの設定が維持されます。 

エフェクトによるディテールの追加

エフェクトを適用し、調整します。

 

学習した内容:エフェクトの理解、適用、調整

  • エフェクトは、コンポジションのレイヤーに適用し、大幅なカスタマイズが可能です。
  • エフェクトを特定のレイヤーに適用するには、メニューバーのエフェクトメニューからエフェクトを選択します。エフェクト&プリセットパネルから目的のエフェクトを検索することもできます。使用するエフェクトはパネルからコンポジションのレイヤーに直接ドラッグ&ドロップできます。
  • タイムラインで選択したレイヤーのエフェクトにアクセスするには、キーボードのEキーを押します。
  • エフェクトの設定は、タイムラインでも、エフェクトコントロールパネルでも可能です。
  • エフェクトのオンとオフを切り替えるには、エフェクトコントロールパネルの左上にある「fx」ボタン、またはタイムラインのスイッチセクションにある「fx」ボタンをクリックします。
  • エフェクトを削除するには、タイムラインまたはエフェクトコントロールパネルでエフェクト名をクリックし、キーボードのDeleteキーを押します。
05/10/2018

 

プレゼンター:Ian Robinson

デザイナー:Erica Larson

このページは役に立ちましたか。