テキストレイヤーを作成しアニメーション化する方法について、基本的な内容を説明します。

コンポジションにテキストを追加する

コンポジションにテキストを追加します。

 

学習した内容:コンポジションにテキストレイヤーを追加

  • テキストを配置するには、ツールパネルの文字ツールを選択し、コンポジションパネルをクリックして、入力します。選択ツールを使用して、テキストレイヤーを設定します。
  • 文字パネルと段落パネルで、フォント、サイズ、カラー、配置など、テキストのプロパティを選択します。
  • フォントをプレビューするには、タイムラインのテキストレイヤーをクリックします。次に、文字パネルのフォントファミリードロップダウンメニューをスクロールします。
  • After Effects内にテキストレイヤーが作成されます。テキストレイヤーには各レイヤーに関連付けられる通常のトランスフォームプロパティのほかに、独自のパラメーターがあります。

テキストプリセットを使った効率的なアニメーション化

テキストアニメーションのプリセットを適用し、編集します。

 

学習した内容:テキストプリセットの適用

  • エフェクト&プリセットパネルでテキスト用のアニメーションプリセットを検索します。
  • Adobe Bridge CCを使用して、アニメーションプリセットを参照します。
  • エフェクト&プリセットパネルから直接テキストレイヤーにプリセットをドラッグして適用します。プリセットの最初のキーフレームは、現在の時間インジケーター(CTI)の位置に置かれます。
  • アニメーションのタイミングを変更するには、キーフレームの位置を移動します。複数のキーフレームを引き伸ばすか縮めるには、Alt(Windows)またはOption(macOS)キーを押しながらすべてのキーフレームを選択して、最初または最後のキーフレームをドラッグします。
     

1文字単位のアニメーション化

文字ごとにアニメーション化します。

 

学習した内容:文字ごとのアニメーション化

  • タイムラインでレイヤー番号の左側の三角形をクリックして、レイヤーパラメーターを開きます。テキストレイヤーには、各レイヤーの通常のトランスフォームオプションのほかに、独自のパラメーターがあります。
  • テキストレイヤーのパラメーター(テキスト)の右側に「アニメーター」があります。「アニメーター」の右側のボタンをクリックして、アニメーションのパラメーターを選択します。パラメーターを選択すると、テキストパラメーターが適用されます。
  • アニメーターに使用可能なパラメーターをプレビューするには、範囲セレクターのパラメーターをスクラブします。範囲セレクターのパラメーターにもう一つのキーフレームを追加して、文字をアニメーション化します。
  • 適用したパラメーター、範囲セレクター、またはアニメーターを削除するには、タイムラインで文字をクリックして、Deleteキーを押します。 

 

グラフィック要素でテキストを目立たせる

シェイプレイヤーを使用して、テキストを背景から分離します。

 

学習した内容:シェイプレイヤーの作成とアニメーション化

  • タイムラインでレイヤーが選択されていないことを確認して、ツールパネルのシェイプツールを選択します。シェイプツールを長押しすれば、他のシェイプを表示できます。ツールパネルで、シェイプの塗りのカラーと線のカラーを選択します。コンポジションパネルでクリック&ドラッグし、コンポジションにシェイプレイヤーを追加します。
  • タイムラインでシェイプレイヤーを上または下にドラッグすれば、コンポジションで他のオブジェクトの上または下にオブジェクトの位置を変更できます。 
  • シェイプレイヤーにもテキストレイヤーと同様に、通常のレイヤートランスフォームプロパティのほかに、独自のパラメーターがあります。
  • ストップウォッチが付いたプロパティはアニメーション用のキーフレームを記録できます。
     
05/10/2018

 

プレゼンター:Ian Robinson

デザイナー:Martin Hoang 

デザイナー:Erica Larson

このページは役に立ちましたか。