Adobe After Effectsで球面化エフェクトを使用してフラットなデザインを丸みを帯びたサーフェスに対して張り付けることで、湾曲したヘッドアップディスプレイ(HUD)を作成します。
curve-flat-design-intro_900x506

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

まずは、「標準」ワークスペースで、映像素材を新しいコンポジションに追加します。ショットにモーションがある場合は、メインの被写体をトラッキングして、HUDと一緒に移動できるようにします。コンポジションの先頭に再生ヘッドを設定し、タイムラインパネルのレイヤーを選択し、アニメーション/モーションをトラックを選択します。トラッカーパネルで、「位置」が選択された状態で、「回転」と「スケール」を選択します。コンポジションパネルに2つのトラックポイントインジケーターが表示されます。ズームインしてよく見えるようにします。1つのトラックポイントの上にカーソルを移動して、黒い4方向の矢印になるようにし、被写体のトラッキングする対象物にドラッグします(ドラッグ時に表示されるポップアップで詳細を確認できます)。2つ目のトラックポイントでも同じ操作をします。再生方向に分析するボタンをクリックして、トラックポイントのキーフレームを生成します。

curve-flat-design-step1

コンポジションにヌルオブジェクトを追加します(レイヤー/新規/ヌルオブジェクト)。トラッカーパネルで「ターゲットを設定」をクリックし、ターゲットダイアログボックスでレイヤーをヌルとして選択します。トラックパネルの「ターゲット」の隣にレイヤー名が表示されます。「適用」をクリックしてモーショントラッカー適用オプションダイアログボックスを開きます。デフォルトの「XおよびY」が設定されている状態で「OK」をクリックし、モーショントラッカーを適用します。 

curve-flat-design-step2

再生ヘッドをコンポジションの先頭に戻します。HUD映像素材をヌルレイヤーの上に追加し、3Dレイヤー設定をオンに切り替えます(このコントロールを表示するには、タイムラインパネルの下部にある「スイッチ/モード」をクリックしなければならない場合があります)。ヌルオブジェクトをHUDレイヤーの親にして、生成したばかりのトラッキングデータが継承されるようにします。レイヤーのサイズを調整した後、目的のサーフェスの近くに配置します(3つのディメンションのすべてで)。ここでは、宇宙飛行士が着用している宇宙服のヘルメットの丸みを帯びたサーフェスになります。 

curve-flat-design-step3

HUDデザインだけをマスクするために、HUDレイヤーを選択してからレイヤー/プリコンポーズを選択します。プリコンポーズダイアログボックスで、すべての属性をそのままにするオプションが選択されていることを確認します。新しいプリコンポーズレイヤーをダブルクリックすると、新しいタイムラインパネルタブで開きます。Qキーを押してシェイプツールをアクティブにし、そのプロパティをツールバーに表示します(Qキーを押すとすべてのシェイプが順に表示されます。楕円形ツールになるまでQキーを押します)。ツールバーの「塗り」のテキストリンクをクリックし、塗りオプションダイアログボックスで「なし」を選択します。線に対して同じ操作をします。プリコンポーズでHUDが選択された状態のまま、オブジェクトを囲むようにドラッグしてマスクを描画します(Shiftキーを押しながら操作すると、縦横の比率が保持されます。command/Ctrl + Tを押すと、バウンディングボックスが表示されます)。 

curve-flat-design-step4

メインコンポジションに戻り、プリコンポーズレイヤーに球面化エフェクトを追加し、「半径」を増やして少し湾曲するようにします。HUDが属しているシーンの場所に応じて、球の中心のX値とY値も調整します。コンポジションを再生して、カメラの動きに対応して、HUDも目的のサーフェスと一緒に移動する様子を確認します。

curve-flat-design-step5

カメラの動きに合わせて、被写体に対するHUDの方向や回転をアニメーション化する必要があります。プリコンポーズレイヤーのトランスフォームプロパティを展開し、キーフレームの「方向」、「X回転」、「Y回転」、「Z回転」の値を調整します。おそらく、球面化エフェクトの「球の中心」の値も変更する必要があります。

curve-flat-design-step6

HUDそのものを仕上げます。必ずプリコンポーズで変更をおこなってください。例えば、視界に入ってくるマスクをすばやくアニメーション化したり、その不透明を下げて透明に見えるようにしたりできます。

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

02/25/2020

Adobe Stock提供元:zirconicusso, Gorodenkoff, jes2uphoto

このページは役に立ちましたか。