アニメーション化されたローワーサードをAdobe After Effectsからテンプレートとして共有し、エディターがAdobe Premiere Proで使えるようにします。
lower-third-template-intro_900x506

必要な情報

練習用ファイル(ローワーサードをアニメーション化するをもとにしています)をご利用いただけます。ご自分で用意したレイヤーローワーサードデザインをご使用いただいても結構です。

まずは、After Effectsで完成済みローワーサードを選択し、エッセンシャルグラフィックスパネルを開きます(ウィンドウ/エッセンシャルグラフィックス)。パネルで、「マスター」からデザインのレイヤーが含まれたコンポジションを選択します。テンプレートの名前を指定し、「サポートするプロパティのみ」を選択します。

lower-third-template-step1

サポートするプロパティのうち、テンプレートに含めたいものをコンポジションからエッセンシャルグラフィックスパネルにドラッグします(例えば、テキストレイヤーからソーステキストプロパティ、シェイプレイヤーから塗りのカラーと不透明度プロパティをドラッグするなど)。ローワーサードを構成しているレイヤーをすべて選択後プリコンポーズして(レイヤー/プリコンポーズ)、ローワーサード全体の位置プロパティを含められるようにします。ドラッグしたプロパティの中をクリックして任意の名前に変更します。「プロパティを編集」をクリックすると、テンプレートで追加編集できるプロパティの項目を有効化できます。

lower-third-template-step2

プロパティを上下にドラッグすると、エッセンシャルグラフィックスパネル内での位置を変更できます。「書式設定を追加」ドロップダウンメニューを使用すると、コメントを挿入したり、プロパティをグループ化するためのコンテナを挿入することができます。プロパティを削除するには、プロパティを選択し、Deleteキーを押します。

lower-third-template-step3

ビデオレイヤーを非表示にして、テンプレートと一緒にパッケージ化されないようにします。エッセンシャルグラフィックスパネルの「モーショングラフィックステンプレートを書き出し」ボタンをクリックします。保存先を決定し(Creative Cloudライブラリを選択します)、必要に応じて、わかりやすい固有のキーワードを追加して、「OK」をクリックします。

lower-third-template-step4

Premiere Proを起動してグラフィックスワークスペースに切り替え、テンプレートをテストします。エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブをクリックし、適切なライブラリからテンプレートを(名前またはキーワードで)検索します。テンプレートをシーケンスにドラッグして選択した後は、「編集」タブでデフォルトのエントリを更新したり、テンプレートで利用できるその他の調整を加えることができます。 

lower-third-template-step5

After Effectsでローワーサードのデザインを変更することもできます。モーショングラフィックステンプレートとして再パブリッシュすると、既存のテンプレートが上書きされます。Premiere Proのエッセンシャルグラフィックスパネルからテンプレートを再度ドラッグすると、編集の結果が反映されます。

01/07/2020

Adobe Stock提供元:Kurhan, Kristian

このページは役に立ちましたか。