Adobe After Effectsで、光源の光を反射するテキストやロゴを作成します。

起動中のデジタルダッシュボードの画面を指さしている女性の手。画面には「PARAGON」という光沢のあるメタリックなロゴが表示されている

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。使用されている「Paragon」は、実在の組織、製品、サービス、クリエイティブ作品を示すものではありません。

光を反射するテキストまたはロゴデザインを含むコンポジション(任意の背景色)から開始します。テキストの場合は、テキストレイヤーを追加して(レイヤー/新規/テキスト)、ニュートラルなグレーのテキストカラーを選択します(16進数値808080)。このエフェクトには太いフォント(「スラブ」フォント)を使用することをおすすめします。文字の表面積が広くなるからです。

Adobe After Effectsのコンポジションにテキストレイヤーが追加されて、ニュートラルなグレーのスラブフォントで「PARAGON」と表示されている

最終的なデザインを含める別のコンポジションを作成します。そこに光源となるスポットライトの画像をドラッグします(ライトパネルの3Dマップレンダリングなど)。そのレイヤーにモーションタイルエフェクトを適用して、「タイルの中心」(X値)のキーフレームをコンポジションのデュレーション全体に設定します。コンポジションを再生します。グラフィックが画面上を絶え間なく動きます。最大の効果を得るためにはゆっくり動かします。これが、文字やロゴデザインで反射する光の光源になります。

After Effectsのコンポジションに光源の3Dレンダリンググラフィックのレイヤーが表示されて、モーションタイルエフェクトが適用されている

光源のレイヤーを選択してプリコンポーズします(レイヤー/プリコンポーズ)。その属性が新しいコンポジションに移動されます。先に作成したテキストコンポジションを、このコンポジションのプリコンポーズレイヤーの下にドラッグして、非表示にします(目のアイコンをオフにします)。プリコンポーズレイヤーにマット設定エフェクトを適用します。エフェクトコントロールパネルで、「レイヤーからマットを取り込む」を設定します。テキストレイヤーからマットを取り込みます。光源が文字の背後に表示されるようになります。最後に、プリコンポーズレイヤーにディスプレイスメントマップエフェクトを適用し、マット設定エフェクトをエフェクトコントロールパネルの一番下にドラッグします。

光源のレイヤーがプリコンポーズされて、エフェクトコントロールパネルでディスプレイスメントマップエフェクトとマット設定エフェクトが適用されている

最初に作成したテキストコンポジションを開き、テキストレイヤーを選択して、レイヤー/レイヤースタイル/ベベルとエンボスを選択します。タイムラインパネルでベベルとエンボスの設定を展開します。目的の外観に合わせてベベルの「サイズ」と「ソフト」の値を大きくし、「角度」で別の角度を選択します。ここで重要な点は、「ハイライトのモード」と「シャドウのモード」を「スクリーン」に設定し、「ハイライトの不透明度」と「シャドウの不透明度」を100%にすることです。最後に、「ハイライトのカラー」を明るい赤(FF0000)に、「シャドウのカラー」を明るい緑(00FF00)に変更します。後にディスプレイスメントマップでこれらの明るいカラーを使用してハイライトとシャドウが表示されます。

表示されているメニューで「ベベルとエンボス」レイヤースタイルがテキストレイヤーに適用されている

メインデザインのコンポジションに戻り、光源のプリコンポーズレイヤーを選択します。エフェクトコントロールパネルで、ディスプレイスメントマップエフェクトのターゲットをテキストレイヤーに設定します。「最大水平置き換え」と「最大垂直置き換え」の設定を好みに合わせて上げます。ここで重要な点は、水平置き換えと垂直置き換えに使用するカラーを両方とも赤に変更することです。このエフェクトを複製します(Command/Ctrl + Dキー)。複製されたエフェクトで、最大置き換えの設定を好みに合わせて下げ、水平置き換えと垂直置き換えに使用するカラーを両方とも緑にします。

エフェクトコントロールパネルで、ディスプレイスメントマップエフェクトに使用するカラーが赤と緑に設定されている

コンポジションを再生します。光源が文字の上をゆっくりと横切り、クロムめっき仕上げのように見えることを確認します。光源のプリコンポーズレイヤーを開いて画像レイヤーに変更を加えてみてください(速度、スケール、回転を変更するなど)。ブラー(ガウス)エフェクトを追加して光を柔らかくしたり、Lumetriカラーエフェクトを適用してカラーを変更したりすることもできます。

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン