レイヤーの3Dを有効にする方法と、そのレイヤーを3D空間で操作する方法を学習します。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:3Dを有効にし、3Dレイヤーを調整したり、3D空間でレイヤーの遠近感を維持したりする方法

レイヤーの3Dを有効にして、そのレイヤーの3次元コントロールを開く

  • レイヤー1を選択し、キーボードのPキーを押して位置プロパティを開きます。
  • レイヤー1の3Dを有効にするスイッチをクリックして、Z位置プロパティと3D回転パラメーターを表示します。

インターフェイスのヒント表示で、レイヤーの3Dが有効になっていることを確認する

選択したレイヤーには、コンポジションパネルで3D軸のレイヤーハンドルが表示されます。

3Dレンダラーはコンポジションパネルの右上に表示されています。

レイヤーのアンカーポイントによって、そのレイヤーの軸点が決まる

  • ツールバーでアンカーポイントツールを選択します。
  • 選択したレイヤーのY軸ハンドルをドラッグして、アンカーポイントを看板の下部へ動かし、コンポジションパネルの底面のさらに下まで移動します。
  • キーボードのVキーを押して、ツールバーの選択ツールを選択します。

タイムラインでレイヤーのパラメーターをスクラブすると、3D空間でレイヤーを簡単に移動できる

  • 看板の下部がコンポジションパネルの底面から消えるまで、Resolve PrecompレイヤーのY位置をスクラブします。
  • 「X回転」をスクラブして、レイヤーが3D空間で回転する様子を確認します。

2Dレイヤーと同様の手順で3Dレイヤーのアニメーションを作成する

  • 「X回転」の値を-90 に設定し、ストップウォッチをクリックしてキーフレームを設定します。
  • タイムラインで現在の時間インジケーターを1秒のところまで移動し、「X回転」を0に設定します。
  • 現在の時間インジケーターを2秒の位置まで移動し、キーフレームを追加ボタンをクリックして、同じ値のキーフレームをもう1つ設定します。
  • タイムラインで現在の時間インジケーターを3秒の位置に移動し、「X回転」を90に設定します。

コンポジションパネルで複数のビューを使用して、3D空間でレイヤーがどのように存在しているかをより明確に確認する

  • ビューのレイアウトを選択メニューを「2画面 - 左右」に変更します。
  • コンポジションパネルの左側をクリックして選択し、3D ビューメニューを「カスタムビュー 1」に変更します。
  • タイムラインで現在の時間インジケーターをスクラブして、3D空間でレイヤーが回転する様子を両方のビューで確認します。

ヒント:最大4つのビューを使用してシーンを複数の角度から確認し、3D空間でレイヤーがどこに配置されているかをより正確に確認できます。

01/03/2019

Adobe Stock提供元:kastomazer

プレゼンター:Ian Robinson

このページは役に立ちましたか。