コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して、ビデオクリップから不要な要素を除去する方法を説明します。

必要な情報

練習用のサンプルファイルをダウンロードします。このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して、ビデオクリップから不要な要素を除去する方法

除去するピクセルをマスクする

  1. ビデオクリップをプレビューします。再生を停止し、ビデオクリップを開始したい位置に、現在の時間インジケーターを配置します。
  2. ペンツールで、除去するオブジェクトの周囲にマスクを描画し、マスクを「なし」に設定します。
  3. マスクトラッカーを使用してオブジェクトの動きをトラックし、マスクを「減算」に設定します。
  4. 「ウィンドウ/コンテンツに応じた塗りつぶし」を選択して、コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを開きます。
  5. 塗りつぶし方式を「オブジェクト」に設定し、範囲を「ワークエリア」に設定します。
  6. 「塗りつぶしレイヤーを生成」ボタンをクリックして塗りつぶしを生成します。
  7. すべてのレイヤーの選択を解除してからスペースバーを押して、結果をプレビューします。
05/07/2019

Adobe Stock提供元:VideoStockFactory
プレゼンター:Ian Robinson

このページは役に立ちましたか。