After Effectsから作品を出力します。

レンダーキューを使用したコンポジションのレンダリング

レンダーキューを使用してコンポジションをレンダリングします。

 

学習した内容:コンポジションのレンダリング

レンダリングとは、After Effects以外でも表示可能なムービーファイルを作成し、作品を公開するためのプロセスを意味します。

  1. プロジェクトパネルで、対象のコンポジションを選択します。
  2. メインメニューで、「コンポジション/レンダーキューに追加」を選択します。画面の下部に、レンダーキューパネルが表示されます。
  3. デフォルトでは、高解像度の出力設定が適用されます。
    レンダーキューパネルには主に次の3つの領域があります。
    • レンダリング設定:青文字の「最良設定」をクリックします。ここでは画質の調整、全体のサイズ(高さと幅)の設定、レンダリングをおこなうフレーム範囲の指定ができます。
    • 出力モジュール:青文字の「ロスレス圧縮」をクリックします。ここでは、作成するファイル形式を指定でき、オーディオがある場合はオーディオを設定できます。
    • 出力先出力先の右側の青文字をクリックします。ここでは、出力ファイル名と保存先を指定できます。

Adobe Media Encoderによる複数のレンダリング作成

Adobe Media Encoderを使用して、複数のファイル形式でレンダリングします。

 

学習した内容:複数のレンダリングの作成

  1. プロジェクトパネルで、出力するコンポジションを選択します。
  2. メインメニューで、コンポジション/Adobe Media Encoderキューに追加を選択し、Adobe Media Encoderを起動します。
    Adobe Media Encoderの右上のキューにコンポジションが表示されます。キューには出力されるファイルの一覧が表示されます。また、レンダリングするファイル名、形式、保存先もこのパネルで指定します。
  3. キューパネルでは、左から順に設定を進めます。形式およびプリセットの下向き矢印をクリックしてそれぞれを指定します。「出力ファイル」の下の青文字をクリックして、ファイル名を変更し、保存先を指定します。
  4. キューの一番上で、レンダリングキューに入れるコンポジション名を選択します。
  5. 出力を追加」ボタン(「キュー」タブの左から2つ目)をクリックして出力を追加し、同じ手順を繰り返して、ファイル形式、圧縮プリセット、ファイル名、保存先を指定します。

 

前:3Dの操作

 

06/08/2018

 

プレゼンター:Ian Robinson

デザイナー:Erica Larson

このページは役に立ちましたか。