Adobe After Effectsのウェーブ、コースティック、ノイズのエフェクトを使って、ロゴデザインと背景画像の上に水面の波紋のような効果を作成します。
water-ripple-underwater-effect-intro_900x506

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。使用されている「Cass Spa」は、実在の組織、製品、サービス、クリエイティブ作品を示すものではありません。

このプロジェクトでは、背景画像の上に水の波を表現して、美しいタイル張りのプールのような映像を作成します。背景に使用するグラフィックには、必ず表示領域よりも少し大きいものを使用するようにしてください。波を生成するエフェクトでは、フレームの外からピクセルが取得されるので、余白のピクセルを多めに確保して作業することをお勧めします。例えば、今回使用する「Cass Spa」レイヤーサンプルのロゴデザイン(Adobe Photoshopで作成)は、After Effectsの1920 x 1080ピクセルのコンポジションに使用できるよう、2200 x 1200のサイズで作成されています。

After Effectsの「標準」ワークスペースで、ファイル/読み込み/ファイルを選択し、Adobe IllustratorまたはPhotoshopから、レイヤー化されたロゴデザインを「コンポジション - レイヤーサイズを維持」として読み込みます。「コンポジションを作成」オプションをオンにし、「開く」をクリックします。次のダイアログボックスで、「レイヤーオプション」が「編集可能なレイヤースタイル」に設定されていることを確認し、「OK」をクリックします。新しいコンポジションを作成し(コンポジション/新規コンポジション)、サイズを1920 x 1080ピクセルに設定します。前に作成したCass_Spaコンポジションを新しいコンポジション内にドラッグして、プリコンポジションにします。これにより、大きめに作成しておいたロゴデザインが適切なサイズにクロップされます。

water-ripple-underwater-effect-step1

波紋を追加するために、新しい平面を作成します(レイヤー/新規/平面)。これは、タイムラインパネルでCass_Spaプリコンポジションの上に配置されます。エフェクト&プリセットパネルから、「ウェーブワールド」エフェクトを平面にドラッグします。再生ヘッドをコンポジションの先頭に移動します。エフェクトコントロールパネルで、「表示」オプションを「高さマップ」に変更します。「シミュレーション」セクションを展開し、「エッジの反射」を「すべて」に設定します。「プロデューサー1」を展開します。「周波数」を3に増やし、ストップウォッチをクリックしてキーフレームを設定します。波紋のプロパティの間隔を調整したいので、再生ヘッドを0.5秒進め、「周波数」をゼロにします。そこで、「振幅」のキーフレームを設定します。さらに0.5秒進め、「振幅」をゼロにします。アニメーションをプレビューした後、平面をプリコンポーズレイヤーの下に移動して非表示にします。

water-ripple-underwater-effect-step2

プールの底を背景にリアルな見た目の水紋を表現するには、光の反射(コースティック)を追加する必要があります。エフェクト&プリセットパネルから、「コースティック」エフェクトをプリコンポーズレイヤーにドラッグします。エフェクトコントロールパネルで、「水」セクションに移動し、「水面」セレクターをクリックして開きます。平面が含まれているレイヤーを選択し、「ソース」を「エフェクトとマスク」に設定します。再生ヘッドを1秒ほど進め値の調整を行います。「波形の高さ」、「スムージング」、「表面の不透明度」、「鏡面反射」の開始キーフレームを設定し、値を変更して効果のかかり具合を調整します。 

water-ripple-underwater-effect-step3

再生ヘッドをコンポジションの終わりに向かって進め、「波形の高さ」、「スムージング」、「表面の不透明度」、「鏡面反射」の終了キーフレーム値を設定して、波を弱くします。

water-ripple-underwater-effect-step4

現実世界の水紋は完璧な模様を形作るわけではないので、多少のノイズを加えていきましょう。エフェクト&プリセットパネルから、タービュレントノイズエフェクトを平面レイヤーにドラッグし、再生ヘッドをコンポジションの最初に移動します。「フラクタルの種類」を「渦巻き」に設定し、「コントラスト」を下げ、「スケール」を増やし、「複雑度」を下げて、「展開」のキーフレームと、値を下げた「不透明度」のキーフレームを設定します。最後に、「描画モード」を「ソフトライト」に設定します。 

water-ripple-underwater-effect-step5

再生ヘッドをコンポジションの最後に移動し、「展開」を5xに設定して、「不透明度」をゼロにします。プレビューして、波紋が「タービュレントノイズ」によってよりリアルになったかどうかを確認します。

water-ripple-underwater-effect-step6

さらに雰囲気を出すために、元のCass_SpaコンポジションのLogoレイヤーに移動し、「スケール」と「不透明度」のキーフレームを1秒から2秒ほどの長さで設定して、ロゴが大きくなって消えていくようにします。水紋がLogoレイヤーに影響しないようにしたい場合は、そのレイヤーをそこから削除し(編集/カット)、メインコンポジションの一番上に配置(編集/ペースト)して、水紋がロゴの後ろに表示されるようにします。これら2つのコンポジションはサイズが異なるので、ロゴが中央に表示されません。「位置」の設定を変更して補正してください。

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

01/07/2020

Adobe Stock提供元:javarman, denisismagilov

このページは役に立ちましたか。