内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe After Effects のペイントツールについて説明します。

A. ペイントツールの種類

After Effects のペイントツールには、ブラシツール、コピースタンプツール、消しゴムツールがあります。これらのツールはレイヤーパネルにあり、レイヤーにペイントストロークを適用するために使用します。

各ペイントツールでは、ソースを変更せずにレイヤーの領域の透明度を修正したりするブラシマークが適用されます。

 

B. ペイントツールの機能

ペイントツール(ブラシツール、コピースタンプツール、消しゴムツール)には、それぞれ以下のような機能があります。

B-1. ブラシツール

ブラシツールでは、任意の色でレイヤーに直接描画することができます。ブラシパネルからブラシの形状を選択できるほか、ブラシの角度や真円率、不透明度などを設定したり、カスタマイズしたブラシをプリセットブラシに登録することができます。

また、After Effects は筆圧感知型のデジタイズタブレットに対応しており、「ブラシダイナミックス」のオプションを指定して、筆圧やペンの傾きなどによる描画方法を設定することが可能です。描画を制御する方法は、「筆圧」、「ペンの傾き」、「スタイラスホイール」の中から選択します。例えば、筆圧を利用してブラシのサイズをダイナミックに変化させるように設定することができます。

ブラシツールおよびカスタムブラシの作成方法について詳しくは、こちらをご確認ください。
- ブラシツールの使用方法
- カスタムブラシの作成方法

B-2. コピースタンプツール

コピースタンプツールは、ある時点と場所のピクセル値を別の時点と場所にコピーするためのツールです。例えば、コピースタンプツールを使用して、快晴の空のピクセルをコピーして電線を消したり、ソースフッテージの牛のコピーを時間的にオフセットして牛を何十頭も作成することができます。

コピースタンプツールについて詳しくは、こちらをご確認ください。
- コピースタンプツールの使用方法

B-3. 消しゴムツール

After Effects のレイヤー上で消しゴムツールを使用すると、ドラッグした部分のピクセルが画像から消去されます。ペイントしたレイヤーに変更を加えずに、ペイントのストロークのみを消去することができます。また、ペイントしたレイヤーのピクセルをペイントストロークと一緒に消去することも可能です。
※ 消しゴムツールで消去できるのは、ペイントしたレイヤーのみです。それ以外のレイヤーには影響しません。

消しゴムツールについて詳しくは、こちらをご確認ください。
- 消しゴムツールの使用方法

C. ペイントパネル

ペイントパネルでは、ペイントツールの設定を行うことができます。ツールの透明度、描画モードのほか、コピースタンプツールのオフセット値や、消しゴムツールが消去する対象を選択することができます。 

ペイントパネルについて詳しくは、こちらをご確認ください。
- ペイントパネルの利用方法

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー