この文書では、Adobe After Effects の消しゴムツールの使用方法について説明します。

A. 消しゴムツールの使用方法

消しゴムツールでは、レイヤー上の画像からドラッグした部分のピクセルを消去することができます。

  1. After Effects で既存のドキュメントを開きます。

  2. 次のいずれかの操作を行い、消しゴムツールを使用するレイヤーを選択します。

    • タイムラインパネルでレイヤー名をダブルクリックします。
    • レイヤーパネルでプルダウンメニューから、レイヤーを選択します。
  3. ツールパネルから、消しゴムツールを選択します。

  4. ブラシパネルで消しゴムツールのブラシサイズなどを選択します。

  5. ペイントパネルで消去する対象など、消しゴムツールの設定を行います。

  6. レイヤーパネルでストロークを行い、ピクセルを消去します。

B. 消しゴムツールのオプションと活用方法

B-1. 消しゴムツールを適用する対象

 

消しゴムツールを適用する対象は、「レイヤーソースとペイント」、「ペイントのみ」、または「最後のストロークのみ」から選択できます。消しゴムツールを「レイヤーソースとペイント」または「ペイントのみ」モードで使用すると、消しゴムツールのストロークをアニメートすることができます。「最後のストロークのみ」モードでは、ブラシツールなどで最後にペイントしたストローク部分だけが消しゴムツールで消去できる対象になります。

 

B-2. ストロークのアニメーション

消しゴムツールは、ブラシツールと同様、そのストロークをアニメーション化することができます。 

ストロークの「開始」と「終了」プロパティを変更してアニメートすると、ストロークがいつどのように表示されるかを制御できます。例えば、「連続」設定を使用して「終了」プロパティを 0%から 100%に自動的にアニメートすると、ペイントストロークが時間とともに自然に作成されるように見えます。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー