この文書では、Adobe After Effects のコピースタンプツールの使用方法について説明します。

A. コピースタンプツールの概要

コピースタンプツールを使うと、ソースレイヤーのピクセルをコピーして画像の修復を行うことができます。

コピースタンプツールは、ある時点と場所のピクセル値を別の時点と場所にコピーするためのツールです。例えば、快晴の空のピクセルをコピーして電線を消すといったことができます。

コピースタンプツールではソースレイヤーのピクセルをサンプリングして、ターゲットレイヤーに適用します。ターゲットレイヤーは、ソースレイヤーと同じでも、同じコンポジション内の別のレイヤーでも可能です。ソースレイヤーとターゲットレイヤーが同じである場合、ソースレイヤーの元の画像だけでなく、ペイントストロークとエフェクトもサンプリングされます。

B. コピースタンプツールの使用方法

  1. After Effects を起動し、既存のプロジェクトを開くか、ファイル/新規/新規プロジェクト を選択して新規プロジェクトを作成します。

  2. ファイル/読み込み を選択し、コピースタンプツールを使用するファイルを読み込みます。

  3. 読み込んだファイルをプロジェクトパネルからタイムラインパネルにドラッグ&ドロップして追加します。

  4. タイムラインパネルでファイル名をダブルクリックし、レイヤーパネルで開かれた状態にします。

  5. ツールパネルから、コピースタンプツールを選択します。

  6. ブラシパネルおよびペイントパネルで、コピースタンプツールの設定を行います。

  7. レイヤーパネルで Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら(マウスカーソルが変わります)、サンプリングする箇所をドラッグします。

    続けて、ペイント箇所をドラッグしてサンプリング画像をペーストします。

C. コピースタンプツールのオプション

C-1. コピープリセット

コピープリセットを使用すると、コピーソースの設定を保存・再使用できます。コピープリセットでは、ソースレイヤー、調整、ソースフレームの時間固定、ソース時間シフト、オフセット、ソース位置の値を環境設定ファイルに保存し、他のプロジェクトで再使用できます。

C-2. 「コピーソースオーバーレイ」オプション

コピースタンプツールは、ソースレイヤーでサンプルポイント(コピーする元の位置)を設定し、次にターゲットレイヤー上をドラッグしてサンプルを適用します。「コピーソースオーバーレイ」オプション(ソースレイヤーの半透明画像)を使用すると、ストロークを作成する前に、その効果を確認しながら作業をすることができます。

C-3. コピースタンプツールのプロパティ

タイムラインパネルでは、各コピーストロークにコピースタンプツール固有のプロパティが表示されます。これは、コピーストロークが作成される前にペイントパネルで行った設定に対応します。

  • コピーソース : サンプリングするレイヤー。
  • コピー位置 : ソースレイヤー内のサンプルポイントの X、Y 位置。
  • コピー時間 : ソースレイヤーをサンプリングするコンポジション時間。このプロパティが適用されるのは、「ソースフレームの時間固定」を選択した場合のみです。
  • コピー時間シフト :サンプリングしたフレームとターゲットフレーム間の時間オフセット。このプロパティが適用されるの は、「ソースフレームの時間固定」を選択していない場合のみです。
 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー