内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe After Effects で簡易的なモーフィングアニメーションを作成する方法について説明します。

A. モーフィングとは

モーフィングとは、2 次元 (平面) や 3 次元 (立体) のオブジェクトの形が、ある形状から別の形状に滑らかに変形することをいいます。

モーフィングを表現するには、変形前の画像と変化後の画像の間を補う必要があります。中間画像は前後のコマの画像から作り出します。中間画像が多い程、モーフィングは滑らかになります。

B. モーフィングアニメーションの作成方法

After Effect では、タイムリマップ、ピクセルモーション、リシェープ、メッシュワープ、パペットなどの機能を利用することで、簡易的なモーフィングを行うことができます。以下に一例をご紹介します。

こちらから動画で確認することもできます。
- 単純なモーフィング (Adobe TV)

※ パペットツールを使用したモーフィングについてはこちらをご覧ください。
- パペットツールの使用方法

タイムリマップを使用
複数の画像から徐々に変化。上の例と同じ手法?
レイヤー/時間/タイムリマップを使用可能⇒フレームごとにキーフレームを記録⇒すべてのキーフレームを選択⇒Altキー押しながら最後のフレームまで拡張⇒レイヤー/フレームブレンド/ピクセルモーション⇒タイムラインパネルのフレームブレンドボタンを有効にする⇒プレビューして確認

 

  1. Step text
  2. Step text
  3. Step text
  4. Step text
  5. Step text

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー