この情報は、米国アドビシステムズ社が提供しているブログ記事「After Effects CC (12.2): what's new and changed in this December 2013 update」をもとにローカライズして作成したものです。

2013 年 12 月、Adobe After Effects 向けに、After Effects CC 12.2 および After Effects CS6 11.0.4 のアップデートがリリースされました。

アップデートは、ヘルプ/アップデートを選択するか、または Creative Cloud デスクトップアプリケーションの Apps タブから適用することができます。After Effects のヘルプメニューから実行する場合は、あらかじめ必要な作業を全て完了し、プロジェクトを保存してから実行してください。

また、アップデーターは以下の弊社 Web サイトから直接ダウンロードすることもできます。

弊社では、エラーや強制終了の問題を修正するために、様々なベンダー(プラグイン、コーデック、ハードウェアデバイス)と協力し、アップデートに取り組んでいます。この機会に、インストール済みのコーデック、プラグイン、ドライバーのアップデートを合わせて実施していただくことを推奨します。

After Effects CC 12.0 の新機能についてはこちらを、CC 12.1 の新機能についてはこちらを参照してください。その他の Adobe ビデオ・オーディオ製品のアップデートについては、こちらを参照してください。

新機能や変更点についてご不明な点は、After Effects ユーザーフォーラムにてお問い合わせください。また、機能要望や不具合報告については、こちらのフォームをご利用ください。

Creative Cloud メンバーシップでは、常に最新版の After Effects をご利用いただけます。Creative Cloud Web サイトにアクセスしてダウンロードするか、または Creative Cloud にサインアップしてください。Craetive Cloud サブスクリプションのご購入について、詳しくは以下の弊社 Web サイトをご覧ください。

A. 新機能の概要

  • 初期設定で自動保存が有効化
  • 出力先テンプレートのファイル名と保存場所指定、シーケンス書き出し時の自動フォルダー生成
  • 設定の移行
  • スナップの強化: シェイプレイヤー、カメラ、ライト
  • ベジェパスに基づくシェイプレイヤーの作成オプション
  • パラメトリックシェイプレイヤーパスをベジェパスに変換するコマンド
  • OptiX ライブラリーの新バージョン、および OptiX ライブラリの読み込みと初期化の新しい動作
  • その他、様々な新機能、機能変更、不具合修正

B. 主な変更点

B-1. 初期設定で自動保存が有効化

「自動保存」環境設定の「プロジェクトを自動保存」が初期設定で有効になります。

注意:

自動保存により、万一の場合プロジェクトを一定の状態に戻すことができますが、プロジェクトの作業中にファイル/番号をつけて保存を実行することにより、意図した状態でのプロジェクトを保存することもできます。

B-2.  出力先テンプレートのファイル名と保存場所指定、シーケンス書き出し時の自動フォルダー生成

出力先テンプレートで、出力先のパスを含めることができるようになりました。出力モジュールの設定を行う際、出力ファイルを保存するフォルダーを指定することができます。フォルダーが存在しない場合は自動生成されます。

出力先ファイルの新しいプリセットとして、「コンポジションフォルダーとコンポジション名」が追加されました。

「ファイルの名前と場所のテンプレート」ダイアログボックス内の「プロパティを追加」メニューに、「プロジェクトフォルダー」という項目が新しく追加されました。この項目を追加することにより、出力ファイルはプロジェクトファイルと同じ場所に保存されます。

例えば、以下のテンプレートを指定した場合、プロジェクトフォルダー内の「output」フォルダーにファイルが出力され、ファイル名には「final_」の接頭辞と拡張子が付加されます。

[projectFolder]/output/final_[compName].[fileextension]

「..」演算子を使用して、1 つ上の階層を指定することもできます。例えば、以下のテンプレートを指定した場合、プロジェクトフォルダーと同階層の「output」フォルダーにファイルが出力され、ファイル名にはコンポジション名に続けて「_matte」、および拡張子が追加されます。

[projectFolder]/../output/[compName]_matte.[fileextension]

「ムービーを出力」ダイアログボックスからファイル名と場所を指定する場合、「サブフォルダーに保存」オプションを選択することで、出力時にサブフォルダーが生成されます。

静止画シーケンスとムービーはそれぞれ異なるテンプレートを使用します。主な違いは、静止画シーケンスの場合、サブフォルダーに保存される点です。出力モジュールテンプレートで静止画シーケンスを選択すると、「コンポジションフォルダーとコンポジション名」テンプレートに切り替わり、静止画シーケンス用のフォルダーが生成されます。

B-3. 設定の移行

After Effects CC 12.0 や 12.1 などの旧マイナーバージョンから設定を移行できるようになりました。環境設定の「一般設定」を選択し、画面下部の「以前のバージョンの設定を移行」をクリックすることで、いつでも移行処理を行うことができます。

設定の移行を開始すると、After Effects によって12.0 および 12.1 の設定フォルダーが検出されます。検出されたバージョンに応じて、移行元を選択するボタン、および「移行しない」ボタンが表示されます。移行を選択すると、選択したバージョンの設定情報を 12.2 のフォルダーにコピーします。移行を完了するには、After Effects を再起動する必要があります。

12.2 アップデートの適用後、初回起動時には移行の処理が自動的に実行されます。以下の設定が移行されます。

  • 環境設定
  • フッテージ変換規則
  • ワークスペース
  • レンダリング設定テンプレート
  • 出力モジュールテンプレート
  • コンポジション設定テンプレート
  • キーボードショートカット(12.1 からのみ移行可能)
  • ユーザースクリプト(ユーザー設定フォルダー内の Scripts フォルダーに保存されたスクリプトなど)

B-4. スナップの強化: シェイプレイヤー、カメラ、ライト

After Effects CC 12.0 では、コンポジションパネル内でレイヤーをドラッグする際のスナップ処理が強化されました。12.2 アップデートでは、シェイプレイヤーのパス、シェイプレイヤー内のシェイプ、カメラ、ライトの各バウンディングボックスに対してスナップが有効になりました。

シェイプレイヤーのパス付近をクリックすると、クリックした箇所から最も近いポイントを基準にスナップします。これはマスクと同様の処理です。

シェイプレイヤー内のシェイプを別のシェイプレイヤーにスナップすることは可能ですが、同一シェイプレイヤー内のシェイプ同士をスナップすることはできません。シェイプのスナップは異なるシェイプレイヤーに対してのみ有効です。

便利な使用方法として、カメラレイヤーにライトレイヤーをスナップすることにより、効果的にライトを参照したり、カメラがポイントする箇所を常にライトで照らすことなどが可能です。

B-5. OptiX ライブラリーの新バージョン、および OptiX ライブラリの読み込みと初期化の新しい動作

After Effects CC 12.2 では、レイトレーシングの 3D レンダラーに関連するいくつかの強制終了の問題が修正された、新しいバージョンの Optix ライブラリーが統合されています。このライブラリは、アプリケーションの起動時ではなく、レイトレーシング 3D レンダラーが最初を最初に使用する際に読み込まれ初期化されます。このことにより、アプリケーションの起動時間が短縮され、レイトレーシング 3D レンダラーを使用しないユーザーが影響を受けることがなくなりました。

B-6. ベジェパスに基づくシェイプレイヤーの作成オプション

シェイプツール(長方形、角丸長方形、楕円、多角形、スター)を選択すると、初期設定ではパラメトリックパスですが、ツールパネル内の新しい「ベジェパス」オプションを使用して、ベジェパスに基づいた新規シェイプを作成することができます。Alt(Windows)/Option(Mac OS)キーを押しながらシェイプを描画することにより、反対の動作を実行します。「ベジェパス」オプションが有効な場合はパラメトリックパスが、無効な場合はベジェパスが描画されます。

B-7. パラメトリックシェイプレイヤーパスをベジェパスに変換するコマンド

プロパティグループのパラメトリックパス(例: 長方形パス1)を右クリックし、「ベジェパスに変換」を選択して、パラメトリックパスをベジェパスに変換することができます。キーフレームのアニメーションアニメーションが設定されているパラメトリックパスの場合、ベジェパスに変換するとアニメーション情報は失われます。

注意:

重要 : 「ベジェパスに変換」コマンドを使用して生成されたベジェパスは、アニメーションが正常に動作しません。これは、パスの方向と変形に関する情報の格納方法に起因します。そのため、アニメーションが設定されているシェイプをパスに変換する際は注意が必要です。

B-8. その他、様々な新機能、機能変更、不具合修正

  • 「フッテージを再読み込み」コマンドを実行すると、(ボリュームの再マウントなどにより)リンク切れになっていたアイテムが読み込まれるようになりました。
  • チャンネルミキサーエフェクトが 32 ビットエフェクトになりました。
  • プロジェクトパネルに jsx または jsxbin のスクリプトをドラッグ&ドロップすると、ユーザースクリプトフォルダーに保存されます。(注意 : ユーザースクリプトフォルダーは、環境設定の初期化などによって削除される可能性があるため、アプリケーションフォルダーの標準フォルダー内に保存するのが最適です。)
  • 一意のレイヤー名が強制されなくなりました。「プロパティリンクと一緒にコピー」コマンドを使用する場合や、エクスプレッションを使用する場合は、一意のレイヤー名が指定されます。
  • 矢印キーを使用してメッシュワープのコントロールポイントを移動できるようになりました。
  • 線エフェクトおよびブラシアニメーションのブラシサイズプロパティで、サイズの最大値が 50 から 200 に変更されました。
  • 「ディスクキャッシュを空にする」コマンドから、旧マイナーバージョン(12.0、12.1)のキャッシュも消去されるようになりました。
  • 「プレビュー」環境設定の「ビューアの画質」で、「ズームの画質」の初期設定が「精度を優先」に変更されました。
  • クリックして目標範囲を作成する際の最小サイズが 25 x 25 ピクセルになりました。このことにより、誤って隠し目標範囲ボックスを作成する事態を回避できます。
  • カラーピッカーダイアログボックスを開くと、16 進数のカラー値のテキストフィールドが選択されます。このことにより、カラー値のコピー、ペースト、手動入力が行いやすくなります。
  • コンポジション設定において、負の値を指定できるようになりました。タイムラインパネルでは、負の値が表示されます。
  • タイムラインパネルの初期設定から、「自動キーフレーム」ボタンが削除されました。タイムラインのパネルメニューから「自動的にキーフレームを有効にする」を選択して、自動キーフレームモードに移行することができます。

C. 修正された問題(抜粋)

本アップデートにおいて、多数の不具合が修正されています。以下は、修正された主な不具合です。

  • ProRes メディアを使用すると、プレビューや最終出力に赤いフレームが表示される問題が改善されました。
  • Cycore(CC)エフェクトプラグインがアップデートされ、CC Power Pin エフェクトの UI の問題が改善されました。
  • Synthetic Aperture Color Finesse プラグインがアップデートされ、様々な不具合が修正された他、レンダリングのみのシステムにおけるインストールとライセンス認証のプロセスが簡素化されました。
  • 3 ウェイカラー補正エフェクトの動作が改善されました。
  • 自動コントラストまたは自動レベルを使用すると強制終了する問題が改善されました。
  • レイトレーシング 3D レンダラーの Optix ライブラリに起因する、アプリケーション起動時の強制終了が修正されました。このアップデートには、12.1 アップデートと同様に、Mac OS X 10.9(Mavericks)で正常に起動するための Optix ライブラリが含まれています。12.2 では、その他の不具合修正や VRAM 制御の改良などが行われています。
  • 「アップスケール(ディテールを保持)」において、透明を含むフレームを描画する、または非常に大きな値を指定すると強制終了する問題が改善されました。
  • Premiere Pro が起動していない状態で Dyanmic Link から読み込んだシーケンスのオーディオ最適化中にフリーズする問題が改善されました。
  • カウントダウンマークを含む Premiere Pro シーケンスを読み込むとフリーズする問題が改善されました。
  • 特定のフォントを無効にしている場合、After Effects が起動に失敗し、「フォントを読み込めませんでした」「Helvetica Neue」エラーが表示される問題が改善されました。
  • Mac OS における、マウスホイールによる拡大時の問題が修正されました。
  • 必要な RAM の空き領域が確保されている状態で、「0.000MBのメモリを割り当てできませんでした」などのエラーメッセージが表示される問題が改善されました。
  • Mac OS でプロジェクトを保存する際、ファイル形式を After Effects テンプレートに変更しても、拡張子が .aet に変更されない問題が改善されました。
  • 出力モジュール設定の開始#で指定した値が保存されず、常に 0 にリセットされる問題が改善されました。
  • その他、強制終了やエラーに関する多数の問題が改善されました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー