After Effects では 3D アニメーションを作成することができます。通常の 2D アニメーションの場合、X 軸と Y 軸の座標情報を利用してアニメーションを作成しますが、After Effects の場合 Z 軸情報を追加することによって 3D アニメーションが作成できるようになります。

ここでは、テキストに Z 軸情報を持たせて、奥行きのあるアニメーションを作成する方法を簡単に紹介します。

テキストの 3D アニメーションを作成する

  1. After Effects CC を起動します。

  2. コンポジション/新規コンポジションを選択します。

  3. コンポジション設定ダイアログボックスが表示されたら、以下の 2 つの項目のみを設定して「OK」をクリックします。

    • プリセット : NTSC DV
    • デュレーション : 0:00:05:00

  4. 文字ツールをクリックして選択し、プレビューウィンドウにテキストを入力します。ここでは例として「After Effects」と入力しています。

  5. 段落パネルで「テキストの中央揃え」を選択します。

  6. 整列パネルで「水平方向の中央に整列」、「垂直方向の中央に整列」を選択します。

    注意:

    整列パネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/整列を選択します。

  7. コンポジションパネルの「3D レイヤー」を選択します。

    注意:

    3D レイヤーオプションが表示されていない場合は、コンポジションパネル下部の「スイッチ / モード」をクリックします。

  8. テキストレイヤー左の三角をクリックして展開し、更にその中の「トランスフォーム」を展開します。

  9. 現在の時間インジケーターを左端にドラッグし、「位置」「Y回転」「不透明度」のストップウォッチをクリックします。

  10. 「位置」の Z 座標の値を「-1000」に変更します。

  11. 現在の時間インジケーターを右端にドラッグします。

  12. 以下のように各パラメーターの値を変更します。

    • 位置(Z 座標) : 1000
    • Y 回転 : 2x +0.0
    • 不透明度 : 0%
  13. Space キーを押して、RAM プレビューを確認します。

追加情報 (Additional Information)

レイトレース 3D 機能を利用すると、テキスト自体に奥行きを持たせることができます。詳細については、以下の Adobe TV ビデオを参照してください。

http://tv.adobe.com/jp/watch/learn-after-effects-cs6-jp/13760/

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー