この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

問題点 (Issue)

Adobe After Effects CC で、レイヤー上に Cinema 4D ファイルを配置すると、レイヤーが真っ黒で表示されます。

解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、ファイアウォールやセキュリティソフトウェアの設定で、以下のプログラムに対して TCP 通信を許可します。

Windows

  • AfterFX.exe
  • CineRender 64bit.exe
  • Adobe QT32 Server.exe
  • dynamiclinkmanager.exe
  • PProHeadless.exe

Mac OS

  • Adobe After Effects 13.0
  • CineRender
  • Adobe QT32 Server
  • dynamiclinkmanager
  • Adobe Premiere Pro

設定方法については、ファイアウォールソフトウェアに付属のヘルプを参照してください。

After Effects および Adobe Premiere Pro は、QuickTime サーバー(Adobe QT32 Server)、Dynamic Link Manager、および Cinema 4D と TCP を使用して通信します。コンポーネント間の通信はローカルコンピューター上でのみ行われるため、多くのファイアウォールソフトウェアは安全な通信として識別しますが、ZoneAlarm などの一部のファイアウォールソフトウェアは、これらの通信をセキュリティの脅威として誤って識別し、ブロックするため、個別に通信を許可する必要があります。

この問題が発生すると、空白の画面など、様々な現象が発生する可能性があります。

After Effects と Cinema 4D の通信を確保するだけでなく、Creative Cloud のすべてのコンポーネント間の通信を確保することが重要です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー