内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe After Effects でモーションパスを作成する方法について説明します。

A. モーションパスについて

位置、アンカーポイント、エフェクトコントロールポイントのプロパティなど、空間的なプロパティをアニメートすると、動きがモーションパスとして表示されます。モーションパスは一連の点として表示され、それぞれの点が各フレームでのレイヤーの位置を示します。パス内のボックスは、キーフレームの位置を示します。
モーションパスは、空間的なプロパティやそのキーフレームを表示したり操作したりするための視覚的・空間的手段で、タイムラインパネルとともに使用してプロパティを操作できます。モーションパスを変更するには、既存のキーフレームを変更するか、新しいキーフレームを追加します。モーションパスの形状を変更するには、キーフレームの空間補間法を変更します。

モーションパスのボックスとボックスの間の点の密度は、レイヤーまたはエフェクトコントロールポイントの相対な速度を表します。点の密度が濃いほど遅く、密度が薄いほど速いことを示します。

B. マスク、シェイプまたはペイントパスからモーションパスを作成する

モーションパスは、次のような様々なタイプのパスから作成できます。

  • 「マスクパス」プロパティ
  • シェイプレイヤー上のシェイプの「パス」プロパティ
  • ペイントストロークの「パス」プロパティ
  • Illustrator または Photoshop からコピーしたパス

これらのパスは、レイヤーの「位置」プロパティまたは「アンカーポイント」プロパティや、エフェクトコントロールポイントの位置のプロパティにペーストできます。ペーストされたキーフレームは、最初と最後のキーフレームを除き、時間でロービングするように設定され、パスに合わせた一定速度となります。

以下の手順では、マスクパスのプロパティからモーションパスを作成します。

  1. ツールパネルから、ペンツールを選択します。

  2. タイムラインパネルから適当なレイヤーを選択し、コンポジションパネルでパスを描画します。

  3. タイムラインパネルで描画したマスクパスを選択し、編集/コピー を選択します。

  4. タイムラインパネルでモーションパスを作成したいレイヤーのプロパティを選択し、編集/ペースト を選択します。

    ※ 以下の例では「位置」プロパティを選択しています。

  5. パスがペーストされます。

    ※ 「位置」プロパティの場合、以下の例の様にレイヤー上のオブジェクトがパスに沿って移動します。

C. モーションスケッチでモーションパスをスケッチする

レイヤーの位置と描画速度を記録するモーションスケッチを使用して、選択されたレイヤーのモーションパスを描画できます。パスを作成すると、フレームごとに位置のキーフレームが生成されます。

モー ションスケッチは、他のプロパティに対して既に設定されているキーフレームには影響しません。例えば、ボールのイメージに回転キーフレームを設定する場合 は、モーションスケッチを使用して位置キーフレームを作成すると、ボールは作成したパスに沿って回転するように見えます。

  1. コンポジションパネルまたはタイムラインパネルで、モーションパスをスケッチするレイヤーを選択します。

  2. タイムラインパネルで、モーションをスケッチするデュレーションにワークエリアマーカーを設定します。

  3. スケッチするときにコンポジションのオーディオを再生するには、プレビューパネルの「オーディオをミュート」ボタンが選択されていないことを確認します。

  4. ウィンドウ/モーションスケッチ を選択し、モーションスケッチパネルを表示します。

  5. 以下のいずれかのモーションスケッチのオプションを選択します。

    • ワイヤーフレーム
      モーションパスをスケッチするときに、レイヤーのワイヤーフレームビューを表示できます。
    • 背景
      モーションパスをスケッチするときに、コンポジションパネルでスケッチを開始したフレームの静的な内容を表示します。このオプションは、コンポジション内の他のイメージを基準にしたモーションをスケッチする場合に便利です。
    • スムージング
      モーションパスから不要なキーフレームを削除します。この設定を使用すると、スムーザーで許容量設定を使用した場合と同じ結果になります。値が高いほどカーブはスムーズになりますが、値が高すぎると描画したカーブのシェイプを維持できない場合があります。
    • キャプチャ速度
      再生速度に対するモーションを記録する速度の比率。キャプチャ速度が 100%の場合、モーションは記録された速度で再生されます。キャプチャ速度が 100%を超える場合は、モーションは記録されたときよりも遅い速度で再生されます。
  6. 「キャプチャ開始」ボタンをクリックします。

  7. コンポジションパネルでドラッグして、モーションパスを作成します。マウスのボタンを放すとキャプチャが停止します。

  8. キャプチャしたモーションパスの動きに合わせてレイヤーが動きます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー