Adobe After Effects で Flash Player と互換性のあるビデオを作成する方法について説明します。

問題:Flash Player と互換性のあるビデオの作成

After Effects CC 2014(13.0)以降には、Flash Video 形式(FLV および F4V)でファイルを作成するためのエクスポーターは含まれません。その代わり Adobe は、Adobe Flash チームが現在推奨する、H.264(.mp4)エクスポーターに重点を置いています。

注意:

ただし、After Effects と Adobe Media Encoder にこれらの形式のビデオをインポートすることは、引き続き可能です。

H.264(.mp4)形式でのビデオの作成

Flash Player で再生するビデオを作成するには、廃止になった FLV や F4V 形式ではなく、H.264 (.mp4)形式を使用します。これは Flash Player 9 以降、Adobe Flash チームによる推奨事項となっていました。

注意:

レガシーワークフローのために FLV または F4V ファイルを作成する必要がある場合は、After Effects CC(12.2.1)と Adobe Media Encoder CC(7.2)を、最新バージョンとともにインストールしたままにして、これらの特定の出力タスクには旧バージョンを使用してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー