この文書は Adobe フォーラム に投稿された質問を元に作成されました。

この文書では、Adobe After Effects でシーケンスレイヤー機能を使用して、複数のフッテージをタイムライン上に均等に配置する方法について説明します。

複数のフッテージをタイムラインに均等に配置する

a. 読み込み時の静止画フッテージのデュレーションを設定する

ここでは、複数の静止画フッテージを一定のデュレーションで読み込むため、あらかじめ環境設定で設定をしておきます。

  1. After Effects を起動し、編集/環境設定/読み込み設定 を選択して環境設定ダイアログボックスを開きます。

  2. 「静止画フッテージ」セクションで任意のデュレーションを入力し(ここでは 5 秒 = 500 と入力します)、「OK」をクリックします。

b. フッテージを均等に配置する(シーケンスレイヤー)

  1. After Effects で既存のプロジェクトおよびコンポジションを開きます。

  2. ファイル/読み込み を選択し、配置する静止画フッテージをプロジェクトに読み込みます。

  3. 読み込んだ静止画フッテージを Shift キー + クリックで複数選択し、タイムラインパネルのコンポジションへドラッグして配置します。

    注意:

    この際、手順 a. で設定したデュレーションで読み込まれます。

  4. タイムラインパネルの静止画フッテージを、再生させる順に Shift キー + クリックして選択していきます。(ここでは上から順に選択しています)

  5. アニメーション/キーフレーム補助/シーケンスレイヤー を選択し、シーケンスレイヤー ダイアログボックスを開きます。

  6. シーケンスレイヤー ダイアログボックスで以下の設定を行い、「OK」をクリックします。

    • オーバーラップ : チェックを外します。
    • トランジ ション : 「オフ」にします。
  7. 静止画フッテージが、選択した順に再生されるように並びます。

    注意:

    クロスディゾルブを設定するには、シーケンスレイヤー ダイアログボックスで以下の設定を行います。
    ※ 「不透明度」プロパティに、キーフレームが自動的に設定されます。

    • オーバーラップ : チェックを入れます。
    • デュレーション : ラップするデュレーションを入力(ここでは 2 秒 = 200)します。
    • トランジ ション : 「前面レイヤーと背面レイヤーをクロスディゾルブ」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー