この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

 

内容 (What's Covered)

 

この文書では、Adobe AIR ランタイムおよび AIR アプリケーションのインストールログを作成する方法について説明します。Adobe AIR ランタイム、および AIR アプリケーションのインストーラは、設定を変更することによってインストール中のログを記録することができます。ログを記録するには、以下の手順を参照してユーザのホームフォルダに「.airinstall.log」または「.airappinstall.log」ファイルを作成します。

 

 注意 : この文書で紹介する方法は、今後のバージョンアップに伴い変更される可能性があります。

 

A. Windows でインストールログを作成する方法

B. Macintosh でインストールログを作成する方法

 

 A. Windows でインストールログを作成する方法

 

以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。



    Windows Vista

    [スタート] メニューの [検索の開始] テキストボックスに「cmd」と入力して Enter キーを押します。







    Windows XP

    a. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。

    b. [名前] テキストボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。



  2. 以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。



    cd %userprofile%
  3. 以下のいずれかのコマンドを入力し、Enter キーを押します。



    Adobe AIR ランタイムのインストールログを作成する場合 :

    echo > .airinstall.log

    AIR アプリケーションのインストールログを作成する場合 :

    echo > .airappinstall.log



     注意 : 両方のログを作成する場合は、手順 3. の操作を繰り返し行います。
  4. インストール、またはアンインストールを行います。インストールおよびアンインストールを行うとログファイルが更新されます。

 

 B. Macintosh でインストールログを作成する方法

 

以下の操作を行います。

  1. Finder の [移動] メニューから [ユーティリティ] を選択します。
  2. 「ターミナル」アイコンをダブルクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力し、Return キーを押します。



    cd /Users/<ユーザ名>
  4. 以下のいずれかのコマンドを入力し、Enter キーを押します。



    Adobe AIR ランタイムのインストールログを作成する場合 :

    echo > .airinstall.log

    AIR アプリケーションのインストールログを作成する場合 :

    echo > .airappinstall.log



     注意 : 両方のログを作成する場合は、手順 4. の操作を繰り返し行います。touch コマンドを使用して新規空白ファイルを作成することも可能です。(例 : touch .airappinstall.log
  5. インストール、またはアンインストールを行います。インストールおよびアンインストールを行うとログファイルが更新されます。

 

 注意 : 上記手順で作成したログファイルは、不可視ファイルとなるため Finder では表示されません。ターミナルで「open .airappinstall.log(または .airinstall.log)」コマンドを実行することでログファイルを開くことも可能です。フォルダに保存されている不可視ファイルを含むすべてのファイルおよびフォルダの一覧を表示するには、ターミナルで「ls -a」コマンドを実行します。または、以下の操作を行って Finder で不可視ファイルを表示します。

 

  1. Finder の [移動] メニューから [ユーティリティ] を選択します。
  2. 「ターミナル」アイコンをダブルクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力し、Return キーを押します。



    defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles TRUE
  4. 以下のコマンドを入力し、Return キーを押します。



    killall Finder
  5. Finder で新規ウインドウを開き、不可視ファイルが表示されていることを確認します。
  6. 不可視ファイルを再度非表示にするには、以下のコマンドを入力して Return キーを押します。



    defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles FALSE
  7. 以下のコマンドを入力し、Return キーを押します。



    killall Finder
  8. Finder で新規ウインドウを開き、不可視ファイルが非表示になっていることを確認します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー