2014年5月22日、Adobe Analytics は広範なセグメントの作成および管理機能を含めて更新された。嘗て分割された多くのユーザーインターフェイス(UI)セグメントコンポーネントは、現在は統合的な場所にある。

セグメント所有者としてリストされたアドミンサポート

貴社は Admin Console の [ レポートスイート設定 ] でセグメントを作成した場合、そのセグメントは所有者が割り当てられていないで作成された。新しいセグメント管理インターフェイスでは、すべてのセグメントが所有者がいると要求されるため、Adobe Analytics は、管理者権限を持つ最も古いアカウントにこれらのセグメントを自動的に割り当てる。Adobe Experience Cloud のカスタマーケアは、アドミンサポートアカウントを使用して問題のトラブルシューティングと検証を行い、ほとんどの場合は最初に作成されたアカウントである。最も古いアカウントであるため、ほとんどの未所有セグメントはこのアカウントに割り当てられている。

アクションと次のステップ

アクションは不要です。必要に応じて、管理者はこれらのセグメントの所有権を取得するか、別のユーザーにそれらのセグメントを割り当てることができる。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー