プロキシサーバーは、ユーザーが中間サーバーを使用してサイト上のコンテンツを閲覧することを許可することができる。これはいくつかの方式で Adobe Analytics に影響を与え、結果も使用されるプロキシサーバーによって大幅に異なる。

  • プロキシサーバーで JavaScript が許可されている限り、イメージ要求は引き続き実行される。アドビデバッガーはプロキシを通じて実行されたイメージ要求を常に認識するわけではないので、このシナリオでパケット監視を使用するように推薦される。
  • URL 変数はサイトの URL ではなく、プロキシサーバーが使用するように設定される。プロキシ対象訪問者は、内部 URL フィルタに応じて、トラフィックソースレポートに影響が与えられる。
  • クッキーは、s.trackingServer の下で指定されたドメインで設定および参照される。第1パーティーのクッキーは、異なるページ URL およびクッキードメインにより、第3パーティクッキーとして扱われた。
  • クロームの SPDY プロキシは、Adobe Analytics データ収集に影響を与えない。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー