2017年9月に、Apple は Safari 11 のインテリジェントトラッキングの防止(ITP) が導入されていました。この機能は、Cookie や他のウェブサイトデータをさらに制限することで、クロスサイトトラッキングを削減します。機械学習技術を使用して、どの Cookie を承認するか、または削除するか、そしていつおこなうかを決定します。2018 年 6 月に、Apple は、クロスサイトトラッキングをさらに制限する、更新された ITP 2.0 をリリースしました。

Analytics 訪問者 ID メソッドと ITP

Adobe Analytics は、web 訪問者の識別にクッキーを使用します。これらのクッキーが設定されているドメインは、実装方法によって異なります。通常に、実装に使用されるクッキードメインにとって4つのメソッドを利用するには:

  • 第一方クッキー:訪問者 ID のクッキーが CNAME レコードを介してサイトと同じドメインに設定されます。例えば、example.com を訪問するとき、クッキーは metrics.example.com に保存されます。その後、CNAME レコードによってデータがアドビのデータ収集サーバーに送信されます。
    • すべてのクッキーが設定され、ファーストパーティのマナーで厳密に参照すれば、影響がないと予期されています。
  • サードパーティのクッキー:訪問者 ID クッキーは、トラッキングに使用された Adobe 所有するドメインに設定されています。例えば、example.com を訪問する時、クッキーは omtrdc.net または 2o7.net に保存されます。
    • 2018 年 3 月に、アドビは、すべての実装に対してサードパーティ Safari Cookie の発行を停止し、AppMeasurement ライブラリを強制的にファーストパーティフォールバック Cookie に戻しました。
    • これらの Cookie が設定されるのを防ぐためにアドビがアクションを起こす前は、サードパーティ Cookie は、承認および削除に関して一貫性なく処理されていました。訪問中に Cookie が削除されることも多く、これによって訪問回数および訪問者数はセッションの途中で分割されました。ITP の機械学習動作が原因で、アドビは効果的に影響を定量化したり、将来の調整を予測したりできませんでした。
  • フレンドリーなサードパーティのクッキー:主に、複数のドメインを持つ組織が、すべての追跡対象サイトで単一の訪問者 ID を使用する場合に使用します。例えば、example.com と example.net の両方を所有する組織では、クッキーを metrics.example.com に格納できます。example.net を訪問する時、metrics.example.com のクッキーはフレンドリーなサードパーティのクッキーと見なされます。
    • ITP 1.0 では、Cookie をフレンドリーなサードパーティコンテキストに設定して 24 時間利用できました。ユーザーがドメインを訪問していない場合、Cookie は 30 日間設定され、その Cookie は削除されました。ITP 2.0 では、これらの Cookie は少しの間も保持できなくなりました。
  • Adobe Experience Cloud ID サービス:Experience Cloud の ID サービスは、訪問したドメインのファーストパーティ Cookie を設定できます。ファーストパーティ Analytics のビジター ID の以外に、サードパーティの Audience Manager のクッキーが demdex.net に設定され、クロスサイトトラッキングが簡単になります。
    • ITP は、ファーストパーティの Analytics ID クッキーには影響しません。
    • 他のサードパーティのクッキーと同じ、Audience Manager のクッキーがの処理方式が不一致で、ミッドビジットを削除することができます。

ITP の影響を軽減する

アドビは、Experience Cloud ビジター ID サービスを通じて、ファーストパーティクッキーを使用することが強くお勧めします。Adobe Launch を使用して、ID サービスをシームレスに使用する方法を提供します。CNAME レコードは、レガシー実装にも使用できます。

2018 年 3 月 20 日に、アドビはサードパーティ Cookie 実装への影響を軽減するために、Safari 11 に設定されているすべてのサードパーティ Cookie のブロックを開始しました。このアクションは、すべての Safari 11 の訪問者がフォールバックメソッド(fid cookie)を使用することを強制します。フォールバック Cookie はファーストパーティなので、訪問中に削除されるリスクがはるかに軽減されます。

ITP 2.0

2018 年 6 月に、Apple は、前年にリリースされた Intelligent Tracking Protection 機能を基に構築した ITP 2.0 を導入しました。アドビは、すべての Safari ブラウザーでフォールバック Cookie(ファーストパーティ)の使用を強制しているので、想定されるその他の影響はありません。ファーストパーティ Cookie を使用する場合、ドメインごとのトラッキングは比較的影響を受けないのに対して、クロスサイトトラッキングは訪問者によるオプトインが必要です。

フォールバックと影響

ITP は、オプトアウトクッキーの保留を直接に影響します。Apple はデータのレポートを防ぐために、クッキーセットを自動的に削除して、効果的にユーザーを選んでトラッキングに引き返す。

ITP の影響に関する質問、コメント、および経験については、Adobe Analytics コミュニティでお問い合わせください。

その他のリソース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー