次の記事では、Analysis Workspace & Ad-Hoc Analysis フォールアウトレポートの違いを説明します。

注意:

この記事は、アドビシステムズ社の Brian Topham プログラムマネージャー(Customer)によって執筆されています。

Adobe Analytics に関する質問 コミュニティに質問します。

次の例では、ユーザーがこのパスページに従って移動します。A > B > C > D の場合、キャンペーン X がパスされ、残りのビジットは維持されます。

  ヒット ヒット ヒット ヒット
ページ A B C D
Campaign   X X X

次に、レポートがワークスペースおよび Ad Hoc で実行されます。HIT レベルセグメントキャンペーン = X が適用されます。

注意:

セグメントを最上部までドラッグすると、セグメントは最上位セグメントと見なされます。セグメントのインラインをフォールアウトのチェックポイントでドラッグする Ad Hoc

この例では、A > B > D にフォールアウトを実行すると、ワークスペース(シーンの内側)は連続したセグメントとして作成します。ページ A >ページ B >ページ D は次のようになります。

(ページ A >ページ B >ページ D)+(キャンペーン = X)

Ad Hoc(インラインでセグメント)のセグメントログインは次のとおりです。

[(ページ A + キャンペーン = X)をヒットし、(ページ B + キャンペーン X)をヒットします。次に、(ページ D + キャンペーン = X)をヒットします。]

セグメントロジックを確認します。このビジットが Workspace フォールアウトレポートに含まれますが、ページ A にキャンペーン X が含まれていないため、Ad Hoc フォールアウトレポートには含まれません。

1

Ad Hoc は、各フォールアウトのチェックポイントごとのセグメントを評価します。ここで、ワークスペースが順次のセグメント [ ページ A、ページ、次いで>ページ D ] + ユーザが追加したセグメントを示しています。これは、Ad Hoc と Workspace の間のデータが一致しない場合があります。特に HIT レベルのセグメントを使用する場合は一致しません。これは、基本的には HIT レベルのセグメントがビジットレベルで評価されるからです。この場合、キャンペーン = X とされます。

その他のリソース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー