デイライトセービングタイムは、春に時計を1時間早め、秋に1時間遅らせる練習です。

Adobe Analytics のデータ収集では、レポートスイートのタイムゾーンに応じてデイライトセービングタイムが考慮されます。レポートスイートの現在のタイムゾーンを確認するには、Admin Console のレポートスイートの一般アカウント設定に移動します。

  • デイライトセービングタイムの開始時:3月に、ユーザはデイライトセービングタイムが開始されたデータに1時間の間隔があることを発見しました。時間が存在しないため、データ収集の一部ではありません。この時間に少量のデータを作成できることに注意してください。データ収集サーバは DST 調整を考慮に入れるのに数秒(最大1分)かかります。
  • デイライトセービングタイムの終了時:11月に、ユーザは、デイライトセービングタイムが終了した時刻にデータが二重にスタックされることを発見しました。時間が二回発生したので、両方のこれらの時間がレポートに集約されます。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー