以下の 6 つのデジタル分析の柱は、データが提供するビジネスインテリジェンスを最大限に活用するための組織の位置づけを理解するのに役立ちます。

  • 明確な目標

  • 組織全体を範囲にする

  • 適切な専門知識

  • ツールと技術

  • プロセス

  • ガバナンス(すべてを結び付ける)

データを最大限に活用できる組織は、役割と正確を明確に定義し、これらに関するコミュニケーションを十分に取っています。これにより、チームとスタッフは、ビジネス目標を測定き、それに基づいて行動するために必要なデータの収集、分析、使用に必要な活動の全範囲にわたって責任を負うことになります。これをガバナンスと呼びます。

責任はガバナンスの別のもう一つの側面です。ガバナンスとは、収集、分析、導入、評価を成功に導く責任を追う人物、およびこれらの活動の支援方法を説明するプロセス
です。これは、特定の地域の所有権や担当から、進行状況や後退の通知や認識に至るまで、広範囲に及びます。以下のドキュメントには、Analytics 実装キックオフミーティングの前にお客様が記入する必要がある、ビジネスに関する質問が含まれています。

Business Governance Questionnaire.docx

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー