Adobe Experience Cloud 変数は、子フレームと親フレームの両方から参照できる。イメージ要求が発行された場所と同じ場所にあるすべての変数を定義する必要がある。次の例では、s.pageName を設定し、フレームの内外にイメージリクエストを送信する方法を示す。

// To reference Appmeasurement within an iFrame:
document.getElementById('targetFrame').contentWindow.s.pageName="Page Name within iFrame";
document.getElementById('targetFrame').contentWindow.s.t();
/* or if there's only one frame */
window.frames[0].contentWindow.s.pageName = "Page Name within iFrame";
window.frames[0].contentWindow.s.t();

// To reference Appmeasurement in a parent window:
parent.s.pageName = "Page Name on Hosted Window";
parent.s.t();

フレームと親の両方に AppMeasurement コードを実装することは勧めない。その実装は、データ収集サーバに送信するイメージリクエストを効率的に 2 倍にする。

制限

  • 標準の JavaScript と同様に、コードは次のような環境に通信できない:
    • ドメインが一致している必要がある。サブドメインは同じルートドメインにある限り、異なる場合がある。
    • プロトコルが一致している必要がある(両方とも http:// または https://)。
  • フレーム内にコードを実行する場合、参照値は実際の参照 URL ではなく、親に設定される。s.referrer を手動で定義するには、この矛盾が解決できる。
  • デバッガーは、フレーム内で発行したイメージリクエストを認識しない。
  • フレーム内のリンククリックによって、ClickMap がヒットマップを表示しない。フレーム全体がハイライト表示される。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー