サイトの内部検索用語を実行してレポートする方法を学習する。

内部検索レポートは多くの組織に統合されており、Adobe Analytics でボックスの外に捕捉できるレポートではない。ただし、実装の最適化では、内部検索用語レポートを簡単に捕捉することができる。

この記事では、既に作業用の DTM 実装があることを前提としており、デバッガーを通じて Adobe Analytics 画像要求を表示している。

データ要素を使用して内部検索用語を取得する

ほとんどの内部検索メカニズムでは、キーワードデータを利用するためにクエリストリングスを使用する。このクエリ文字列に基づいてデータ要素を作成し、データ要素を eVar に割り当てることで、レポートに使用できるようにする。

  1. DTM プロパティの概要ページに、ルールタブをクリックする。
  2. 左側の「データ要素」をクリックする。
  3. データ要素を作成し、名前(例えば、内部検索)を指定し、URL パラメーターのタイプを設定する。
  4. 別のタブでサイトを開き、任意の独特なキーワードを使用して内部検索を実行する。結果ページでは、使用されるクエリ文字列パラメータを注釈する。たとえば、example.com?q=kittens には、q はクエリ文字列パラメータであり、検索キーワードは kittens である。
  5. DTM に戻るには、[ パラメータ名 ] フィールドにクエリ文字列パラメータを入れる。ほとんどの実行では、検索キーワードクエリ文字列パラメータとして q を使用する。
  6. 他の同一の点でより低く独特な検索値に役立つため、小文字の値を指定し、空白をスクラブすることを勧める。
  7. ページビューの値を記憶し、eVars が検索キーワードサーバーサイドを保持するようにする。
  8. 「データ要素保存」をクリックする。

eVar へのデータ要素の割り当て

データ要素が作成されると、次の手順ではレポートに使用する値を eVar に割り当てる。

  1. DTM の概要タブで、Adobe Analytics ツールの横にあるギアアイコンをクリックする。
  2. グローバル変数アコーディオンをクリックする。
  3. [ Evar 名 ] ドロップダウンをクリックし、内部検索に使用する eVar を選択する。
  4. ドロップダウンの下のテキストフィールドに、データ要素の名前をパーセント記号に入力する。例えば、%内部検索%。テキストフィールドは、認識されたデータ要素を自動的に完成する。
  5. 「eVar 保存」をクリックします。

実装の検証と出版

変更が保存されるように、ステージング環境を更新する。DTM スイッチや Tagtician などのブラウザープラグインを使用して、自分の DTM プロパティのステージング環境が使用できるように自分のコンピューターを設定する。

  1. ウェブサイトに移動し、サイトの内部検索を使用する。
  2. 検索結果ページで、ブラウザーのコンソールを開く。ほとんどの主要なブラウザーは、キーボードショートカットとして F12 を使用する。
  3. DTM のコンソールコマンドを使用して、データ要素内でキーワードが正しく収集されているかどうかを検証する。例えば、_satellite.getVar (「内部検査」)。ブラウザの応答には検索キーワードが表示される。
  4. アドビデバッガを開いて、キーワードが eVar に正しく割り当てられたか検証する。
  5. 検証が完了したら、変更を承認し、変更内容を prod に公開する。
  6. Adobe Analytics にログインして、アドミン > レポートスイートに移動する。
  7. サイトのレポートスイートをクリックし、[ 編集設定 ] > [ 転換 ] > [転換変数 ] に移動する。
  8. eVar が有効になっていること、および適切に命名されていることを確認する。最後のデフォルト配分と訪問のデフォルト有効期限は、内部検索に対して典型的であるが、カスタマイズすることができる。
  9. 変更が加えられた場合には、クリックで「保存」を選択する。

Analysis Workspace での内部検索用語レポートの表示

貴社の実行が内部検索に対応するように更新されており、Adobe Analytics はその次元をレポートできるようになった。

  1. Adobe Analytics にログインして「Analysis Workspace」に移動する。
  2. 新しいプロジェクトを開き、フリーフォーム表を表示する。
  3. 「ディメンション」で、内部検索 eVar をリストからフリーフォーム表にドラッグする。
  4. 変数はデータ収集時間がある場合、トップキーワードが表に表示される。指標訪問をドラッグして、デフォルトの指標発生を重複データー削除ヒットに置き換えることができる。
  5. セグメントと計算指標を使用して、レポートの洞察を高めることができる。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー