注意:

この記事は、Adam Greco によって授権されたブログ投稿から作成された記事ある。Adobe Analytics のカスタム変数とセグメンテーションを利用して、フルテキストを作成することができる。

カスタム変数とセグメント両方は、データのサブセットを表示するために使用されるが、それぞれ異なる方法で使用される。この記事は、これらの個別特徴を適切なコンテキストに考慮する方法について説明する。

カスタム変数

日常使用では、カスタム変数はディメンションで、転換変数(eVars)とトラフィック変数(Props)の形を取る。これらの変数は、貴社にとって意味がある特定のポイントを追跡するために使用される。

当然ながら、欠点のカスタム変数は、設定された時刻からその値にのみ関係がある。定義されているカスタム変数に先行しているアクションを探している場合は、カスタム変数だけで操作することはできない。カスタム変数の数をできるだけ早く設定することを勧める。ただし、カスタム変数が値を受け取る前に成功イベントが発生する場合が多い。

セグメンテーション

セグメンテーションでは、データセットを、セグメント定義の特定条件を満たすヒット、訪問、訪問者のみに絞り込むことができる。この特徴により、関心する正確なポピュレーションにすぐに焦点を合わせることができる。セグメントは、見つけているデータのサブセットをフィルタリングするために、すぐに使用できる変数またはカスタム変数ディメンションを使用することができる。

セグメンテーションが強いという一つの理由は、訪問や訪問者に基づくセグメントを使用する時に、セッション内で発生したすべてのデータを含めることができる。カスタム変数のみが、値が設定された後に発生したデータを調べることができる。この機能により、カスタム変数の前に成功イベントがトリガーされた場合、インスタンスへの有用な洞察を得ることができる。

最終の考え

カスタム変数とセグメントは両方とも価値があり、同時に使用する場合に最適である。カスタム変数の前に成功イベントがトリガーされたデータを探している場合、訪問または訪問者セグメントを使用すると最も深い洞察が得られる。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー