iOS デバイスは、デバイスバージョンではなく、ユーザーエージェント文字列のファームウェアバージョンをレポートする。したがって、iPhone を対応するデバイスバージョンで分類するのは困難です。iPhone 5 のユーザーエージェント文字列を使う、例えば、(iOS 6.1.3 を実行する):

「Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25」

且つ iPhone 4 (iOS 6.1.3 を実行する) と比較する。

「Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25」

iPhone デバイスの間に JavaScript が認識できる唯一の違いは、現在の画面の解像度だけである。

  • iPhone 3 および以前のバージョン:480 × 320
  • iPhone 4 および iPhone 4S:960 × 640
  • iPhone 5:1136 × 640
  • iPhone 6:1334 × 750
  • iPhone 6 Plus:1920 × 1080

アドビは、デバイスのユーザーエージェントを使用してモバイルレポートを生成するので、現時点では、追加実装なしで画面解像度を取得することはできません。iOS デバイスのユーザーエージェント文字列によって無理に押し付ける制限を回避するには、下記のコードのスニペットを使用する。 prop または eVar に渡す。

if (navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > -1)
{s.eVarXX = screen.width + "x" + screen.height;}

このスニペットは、デバイスが iPhone であるかどうかをまず検出する。iPhone である場合、コードは JavaScript を利用して画面の解像度を向上させる。このメソッドを使用して、少なくとも iPhone 5、iPhone 4 および前の生成を区別することができる。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー