問題

マーケティングチャネルをセットアップしたユーザーが、キャンペーン変数に渡されたすべての値を処理するようにマーケティングチャネルの処理ルールを設定している場合、両レポートで結果が異なります。

解決策

トラッキングコードレポートと、キャンペーン変数の値を取得するように構成されたマーケティングチャネルの間の主な違いは次のとおりです。

  • 配分:トラッキングコードレポートに含まれる配分は 1 つのみですが、マーケティングチャネルにはファーストタッチ配分とラストタッチ配分が含まれます。ファーストタッチチャネルを、ラストタッチに設定されたキャンペーン変数と比較すると、異なるデータが表示されます。
  • 任意のグルーピングでマーケティングチャネルを作成して優先させる:トラッキングコードの値を取得する「キャンペーンチャネル」よりも優先的に判定されるチャネルを作成できます。例:
    1. ソーシャルネットワークを最初のルールとして設定し、キャンペーンを 2 番目のルールとして設定しているとします。
    2. ユーザーは、トラッキングコード(例えば cid=promotion1)を含む貴社サイトへのリンクを Facebook に投稿し、何人かのユーザーがそのリンクをクリックしてサイトを訪問します。
    3. ソーシャルネットワークが最初のルールなので
      • マーケティングチャネルは売上高をすべてソーシャルネットワークに与えます。キャンペーンチャネルはまったく考慮されません。
      • トラッキングコードレポートは売上高をすべて promotion1 ラインアイテムに与えます(マーケティングチャネル処理ルールはトラッキングコードの処理に影響を与えないため)。
  • 他のチャネルでラストタッチを上書きする:トラッキングコードを通じてサイトを訪問したユーザーが後で別のマーケティングチャネルから再訪問することがあります。例:
    1. キャンペーンチャネルを最初のルールとして設定し、直接アクセスを 2 番目のルールとして設定しているとします。
    2. ユーザーが最初にトラッキングコード(例えば cid=banner2)から訪問し、サイトを離脱します。
    3. 次の日に、ユーザーがこの URL をブラウザーに直接入力し、購入します。
    4. このユーザーの最後のチャネルは直接アクセスだったため
      • マーケティングチャネルのラストタッチでは売上高は直接アクセスに与えられます。ファーストタッチはキャンペーンに紐づけされます。
      • トラッキングコードは訪問中は持続するため、トラッキングコードレポートでは売上高が banner2 ラインアイテムに与えられることになります。
  • 有効期限の違い:マーケティングチャネルでは、設定したルールでチャネルが判定されるかどうかに関わらず、訪問のたびに有効期限が 30 日延長されます。トラッキングコードの場合は、最初に値がセットされた時点からの期限になります。例:
    1. キャンペーン変数の有効期限は 30 日に設定されていて、マーケティングチャネルの訪問者のエンゲージメント期間も 30 日に設定されています。
    2. ユーザーがトラッキングコード promotion3 からサイトに到着し、離脱します。
    3. ユーザーが 3 週間後に、トラッキングコードまたはマーケティングチャネルなしに戻ってきて、サイトを再び離脱します。
    4. さらに 3 週間後に、トラッキングコードまたはマーケティングチャネルなしに戻ってきて、今回は購入を行います。
    5. このユーザーは最終的に 30 日を過ぎてから購入をおこないましたが、30 日以上非アクティブだった(訪問がなかった)ことはありません。つまり、
      • この訪問者のエンゲージメント期間はサイトに戻ってくるたびに延長されるので、マーケティングチャネルでは、売上高はこのキャンペーンチャネルに紐づけられます。
      • この購入イベントはキャンペーン変数の有効期限を超えて発生したので、トラッキングコードレポートでは、売上高は「なし」に紐づけられます。

その他のリソース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー