収集したデータが分析サーバーに到達する前に、次の関数が順序通りに実行されます。

  1. 大量のデータが処理される場合、データはキューに格納されます。このデータが保存される時間は、レポートスイートの待ち時間と呼ばれます。
  2. 参照テーブル: 参照テーブルに依存するデータは対応する値(ジオセグメンテーションまたはモバイルデバイス認識など)と一致します。
  3. ボットルール: 「設定を編集」>「一般」>「ボットルール」の下で、「管理ツール」>「レポートスイート」で定義されます。
  4. 処理ルール: 「設定を編集」>「一般」>「処理ルール」の下で、「管理ツール」>「レポートスイート」で定義されます。
  5. VISTA ルール: カスタムルールがアドビコンサルタントによってデータに適用されます。詳しくは、https://customers.omniture.com/essolutions/ を参照してください。
  6. マーケティングチャネルの処理ルール: マーケティングチャネル変数の値は、マーケティングチャネル処理ルールに基づいて割り当てられます。
  7. IP の不明化: 組織が生データの IP アドレスを不明化するように選択した場合は、すべての処理関数の完了後にそのように行われます。

この地点から、データテーブルとデータウェアハウス(有効な場合)を分析するためにデータがコピーされます。いったん完全に処理されると、レポートで使用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー