s.tl() 呼び出しのカスタムコードを介してリスト変数(s.list1、s.list2 など)を実行するには、Dynamic Tag Management(DTM)のルール作成ツールを利用する必要があります。
  1. DTM の資格情報で https://dtm.adobe.com にログインするか、Experience Cloudhttps://marketing.adobe.com/)/ActivationDynamic Tag ManagementLaunch にアクセスします。

  2. 会社名でフィルタリングリストから自分の組織を選択します。

    8176_1

    注意:

    このページは、複数の会社へのアクセス権がある場合のみ表示されます。

  3. プロパティ名でフィルタリングリストから必要な Web プロパティを選択します。

    8176_2
  4. ルール」タブで、リスト変数を実装するルールをクリックします。

    8176_3
  5. Adobe Analytics アコーディオンから s.tl() 呼び出しを選択します。

    8176_4
  6. カスタムページコード」セクションで「編集画面を開く」ボタンをクリックします。

    8176_5
  7. イメージリクエストで取得するリスト変数の次のカスタムコードを入力します。

    var _sd_list = "cat"'; 
    _satellite. noti fy(_sd_list, 3); s. linkTrackVars=" listl"; 
    s.listl = _sd_list; 

    コード内で、静的値は _sd_list 変数、s.list1 の順に割り当てられます。

    8176_6
  8. サイトで実行がおこなわれた後に、次のイメージリクエストが表示されます。

    8176_7

    注意:

    次のコードのように、データ要素を作成して動的値を割り当て、リスト変数の値を設定できます。

    s. listl = _satellite. getvar( "%Data_Element_Name%");

    注意:

    s.tl() が Adobe Analytics 呼び出しになっているルールでは、DTM によって変数(s.list1s.eVar1 など)が検出されず、宣言されたイベントはそれぞれ s.linkTrackVarss.linkTrackEvents に設定されます。そのため、変数 s.linkTrackVarss.linkTrackEvents は、カスタムコードで宣言されているすべての変数とイベントで更新する必要もあります。

    s.linkTrackVars="eVarl, listl,events"
    s.linkTrackEvents="eventl" 
    s.events="eventl" 
    s.evarl="value A" 
    s.listl="value B" 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー